Newsニュースプレスリリース

2025年の間に技術の革新的な進歩(〜6億6000万米ドル)を見抜く高齢者介護サービス市場

高齢者介護サービス市場は、2025年の間に8.4%のCAGRで約6億6000万米ドルに達するでしょう。分析とビッグデータプロセスは構造化されておらず、構造化された生物医学構造と医療データは新しい洞察を生み出します。そのため、デジタルセラピー体験は、MR(複合現実)、AR(拡張現実)、およびVR(仮想現実)で強化された外観になります。これは、予測期間におけるヘルスケア分野に関する傾向です。

高齢者介護サービス市場の世界的な収益は2018年に約10億米ドルに達し、Persistence Market Research(PMR)による新しい調査研究が明らかになりました。レポートによると、主にすべての看護、診療所の診断と検査サービス、およびその他の緊急治療室が大幅に含まれているため、施設の介護サービスセグメントは予測期間(2019-2029)で約8%のCAGRを目撃すると予想されますサービス。

また、施設の高齢者介護サービスには、医学的および非医学的状態のための24時間の長期介護サービスが含まれます。在宅介護サービスは、再入院のリスクが低く、医療および非医療が含まれるため、予測期間中の事業成長が促進されます。

介護サービス市場レポートのサンプルを見てみませんか? https://www.persistencemarketresearch.co/samples/3427

会社概要

介護サービス
コーリアングループ
ProVita International Medical Center、LLC
ホーム・インステッド・インク
リビングアシスタンスサービス株式会社
ベネッセスタイルケア株式会社
Econヘルスケアグループ
エポックエルダーケア
St Luke’s ElderCare Ltd
インド在宅医療
サムヴェドナシニアケア
ApnaCare India Private Limited
ニチイ学館株式会社
ゴールデンイヤーズ病院
オレンジバレーヘルスケア
NTUC Health Co-Operative Ltd
ゴールデンケアグループプライベートリミテッド
ケアウェルサービス株式会社
株式会社リエイ
SASCO統合エルダーケアセンター
カスケードヘルスケア
ミレニアムパーソナルケアサービス
ローズウッドケアグループ株式会社
パシフィックヘルスケアナーシングホーム
United Medicare Pte Ltd
地域密着型の高齢者介護サービスは、支援や監督を必要とする高齢者に介護と交際を提供することを目的としています。

ニーズに合わせてカスタマイズされたスコープを取得する専門家に尋ねる– sales@persistencemarketresearch.com

地域密着型の高齢者介護サービスセンターの本質的な目的は、制度化を延期または回避し、高齢者の社会化を促進して、高齢者介護市場の収益成長を促進することです。

公的支出セグメントは、2018年に介護サービス市場全体の最大のシェアを獲得し、約6億6,000万米ドルと推定されました。政府は、民間保険会社との規制および交渉を通じて、医療、治療、および治療サービスのコストを管理し、したがって、その後、管理コストを排除し、それによって市場の成長を促進します。

高齢者介護サービス市場の民間ソースは、予測時間枠全体で最大9%の印象的なCAGRで発展すると評価されています。

民間保険は、保険会社が直接購入することも、組織が従業員に提供することもできます。民間保険は、病院補償保険と一般治療補償保険に分けられます。

高齢者介護サービス市場への段階的な洞察はどうですか?採用されている「方法論」に目を通す! https://www.persistencemarketresearch.co/methodology/3427

ペースでの在宅介護サービスの需要

PMRレポートによると、高齢者介護サービスの世界市場は、今後10年間の市場の健全な発展見通しを示しています。在宅介護サービスは、医療従事者やその他のヘルパーが高齢者の家にフルタイムで住むか、患者のニーズに気を配りながら家で1日の一部を過ごす、もう1つの一般的なタイプの介護サービスです。

在宅介護サービスセグメントは、高齢者人口の増加に牽引されて、2019年の約760億ドルから、2029年末までに約7%のCAGRで約1,530億ドルに発展することに依存しています。米国の在宅医療ヘルパーと医師の不足、急成長する高齢者人口、および慢性疾患の有病率の増加は、在宅介護サービスセグメントの成長の推進要因です。

高齢者介護サービス市場の最新の調査結果を把握したいですか?今すぐ介護サービス市場レポートを購入してください! https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/3427

アジア太平洋地域の拡大市場範囲への投資

高齢化人口の拡大、新興国における介護サービスの良好なインフラ、家族構成の変化、健全な生活様式に対する高齢者の意識レベルの向上などの要因が、アジア太平洋地域における介護サービスの需要を後押しする可能性があります。 。

ヘルスケアインフラストラクチャの開発、有利な償還政策、および意識の高まりは、先進地域で確立された市場の背後にある主な理由です。

対照的に、高齢者介護サービスプロバイダーは、スコプを代表するアジアやラテンアメリカなどの発展途上地域では比較的低いです。

これらの地域での高齢者介護サービスプロバイダーのさらなる導入のe。

さらに、医療費の増加、患者の意識の高まり、障害や慢性疾患に苦しむ高齢患者の増加、発展途上国の施設数の増加は、高齢者ケアサービス市場の主要なプレーヤーに大きな機会をもたらすと予想されます。

PMRの調査によると、高齢者介護サービス市場のアジア太平洋地域は、市場シェアの約10%および約27%という印象的なCAGRで成長すると予想され、この地域に参入することで主要プレーヤーが収益を拡大する新しい機会を開きます。

私たちについて:-永続性市場調査

お問い合わせ:

永続性の市場調査
住所– 305 Broadway、7th FloorNew York City、
NY10007アメリカ合衆国
米国博士– + 1-646-568-7751
米国-カナダフリーダイヤル– +1 800-961-0353
セールス– sales@persistencemarketresearch.com
ウェブサイト– https://www.persistencemarketresearch.com

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close