技術

2015年から2021年の間に大規模なオーバーホールを目撃するエポキシ接着剤市場

序章
エポキシ接着剤は、さまざまな業界で広く使用されている高強度接着剤です。それらはエポキシ樹脂でできており、次に化学ビスフェノールAでできています。エポキシ接着剤は、木材、金属、プラスチック、ガラス、石などの多くの基材の接着に使用できます。エポキシ接着剤は、塗布後、硬化または硬化するのに時間がかかります。これは、熱の助けを借りて、または紫外線にさらすことによって、または室温で行うことができます。紫外線への暴露によって硬化したエポキシ接着剤は、光ファイバーやオプトエレクトロニクスの製造に使用されます。エポキシ接着剤は強力な接着性を備えているため、最も一般的に使用されている構造用接着剤です。

競合他社の「先を行く」ために、サンプルをリクエストしてください@
https://www.persistencemarketresearch.com/samples/6937

垂直の化学物質と材料は、次の期間に環境に優しい変化を目撃するでしょう。プラスチック廃棄物のリサイクルは、これらのグリーンイニシアチブの1つです。これはマテリアルズインフォマティクスの時代でもあります。つまり、機械学習がマテリアルの開発に採用され、研究開発のコストを改善するだけでなく、俊敏性も向上します。
合成生物学は、化学物質のより柔軟な流通を促進し、新しい市場の開拓にも低コストで役立つため、ねぐらを支配するもう1つの傾向です。 Persistence Market Researchは、リベットで留めるアナリストとコンサルタントのチームを通じて、化学物質と材料のこれらの詳細を垂直に集計しています。
エポキシ接着剤は、航空宇宙、自動車、建築および建設、半導体産業で広く使用されています。これらの産業のうち、航空宇宙産業と半導体産業はエポキシ接着剤の2つの主要な消費者です。航空宇宙産業の成長は、エポキシ接着剤市場の成長の重要な推進力です。航空機のブレードはエポキシ接着剤を使用して結合されています。持続的な負荷、温度、圧力の変動下でのクリープに対する耐性など、エポキシ接着剤の優れた機械的特性により、これらは航空宇宙産業に最適な接着剤です。
半導体業界では、エポキシ接着剤を使用して、プリント回路基板、集積回路、およびトランジスタを製造しています。半導体産業は、電子機器の使用の増加により指数関数的に成長しています。これがエポキシ接着剤の市場を牽引しています。ただし、エポキシ接着剤の塗布は、塗布中に放出される有毒ガスのため、保護具を使用して実行する必要があります。接着剤を塗布中に人間にとってより安全にするための技術的進歩は、エポキシ接着剤の市場に新たな機会の領域を開くことが期待されています。
この市場には多くの小規模、中規模、および大規模のプレーヤーがあり、多くの市場にサービスを提供し、多数のエポキシ接着剤のバリエーションを製造しています。たとえば、ヘンケルは導電性接着剤を製造しています。この市場の主要なプレーヤーには、ヘンケル、パーマボンド、ゴリラグルーカンパニー、3M、アルデックス、MGケミシャル、MAPEI、5M、エポテック、パワーブランケット、マスターボンドなどがあります。

この市場に関する重要な洞察については、ここで方法論をリクエストしてください@
https://www.persistencemarketresearch.com/methodology/6937

地域の見通し
中国、ドイツ、米国、英国はエポキシ接着剤の主要な消費者です。これらの国々の航空宇宙および半導体産業は、エポキシ接着剤の最大の市場です。この市場の成長は、他のアジア太平洋諸国でも見られます。韓国と日本はエポキシ樹脂の大規模メーカーです。エポキシ接着剤の市場は、アジアとヨーロッパの予測期間に大幅に成長すると予想されます。ラテンアメリカは、建築および建設業界向けのエポキシ接着剤の着実な需要を示しています。
エポキシ接着剤の塗布には、優れた接着性を保証する基材の前処理が必要です。エポキシ接着剤には、2つの主要なタイプがあります。1つのコンポーネント、熱硬化エポキシ接着剤、および2つのコンポーネントの室温硬化エポキシ接着剤です。一成分エポキシは、溶接やリベット留めの代替として使用され、金属への優れた接着性を備えています。
これらのエポキシ接着剤は、十分な貯蔵寿命を提供するために冷蔵を必要とします。それらは広い領域を結合するために使用され、航空機パネルとローターブレードの組み立てのために航空宇宙産業での用途があります。 2成分エポキシ接着剤は室温で硬化し、接着が達成されるまでに数日から数週間かかる場合があります。これらの接着剤は、ゴム、木材、プラスチック、ガラス、セラミックなど、あらゆる種類の基材に使用できます。エポキシ接着剤の市場は世界中で細分化されています。
キープレーヤー
この市場には多くの小規模、中規模、および大規模のプレーヤーがあり、多くの市場にサービスを提供し、多数のエポキシ接着剤のバリエーションを製造しています。たとえば、ヘンケルは導電性接着剤を製造しています。この市場の主要なプレーヤーには、ヘンケル、パーマボンド、ゴリラグルーカンパニー、3M、アルデックス、MGケミシャル、MAPEI、5M、エポテック、ポーが含まれます。

とりわけwerblanketとMasterbond。

詳細な競合分析については、今すぐ購入@
https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/6937

私たちに関しては
Persistence Market Researchは、顧客体験の向上に関するワンストップソリューションを企業に提供するためにここにあります。 それは、「顧客関係」と「ビジネス成果」の間の「欠落した」リンクとして機能することにより、顧客体験に価値を付加するためのパーソナライズされた顧客インタラクションを経た後、適切なフィードバックの収集に従事します。 可能な限り最高のリターンが保証されています。
お問い合わせ:
永続性の市場調査
住所– 305 Broadway、7th Floor、New York City、
NY10007アメリカ合衆国
米国博士– + 1-646-568-7751
米国-カナダフリーダイヤル– +1 800-961-0353
セールス– sales@persistencemarketresearch.com

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close