News

建設的な進歩に向けて動くDlimonene市場

世界のドリモネン市場は、今後数年間で驚異的な成長を遂げるに違いありません。今後のトレンドの1つは、風変わりな思考が実践されることです。また、自動化に関する需要は、その後の10年間で10%以上増加するでしょう。さらに、ユーザー生成コンテンツが波紋を生み出すことで、市場は、エンドユーザーのマインドシェアを遵守するために、一方向のコミュニケーションと建設的なフィードバックの間のギャップを曖昧にすることになります。

D-リモネン市場の市場見通し:

D-リモネンは、オレンジ色の果実の皮から抽出される芳香族バイオソルベントです。それは柑橘類のテルペンの家族に属しています。それは蒸留または溶媒抽出によって製造されます。 D-リモネンは、厨房機器用の芳香族洗浄剤など、ホームケア製品に複数の用途があることが伝統的に知られています。 D-リモネンは、骨関連疾患の治療と減量の促進に積極的な役割を果たしています。柑橘類の皮の抽出物市場の成長に伴い、D-リモネン市場も同時に成長すると予想されます。天然成分の消費が消費者製品のすべての分野で定着しているため、巨大な市場の可能性を秘めている成分としてのD-リモネン。さらに、柑橘系の果物の約45〜60%が廃棄物として廃棄されており、D-リモネン市場に大きな成長の機会をもたらしています。 D-リモネンの生産は主に米国とブラジルで顕著です。

このレポートのサンプルコピーをhttps://www.persistencemarketresearch.com/samples/17428

で入手してください

D-リモネンの用途を拡大するための食品部門における潜在的な研究

D-リモネンは、食品加工、アロマ、製薬業界で多面的な用途を持つ非常に収益性の高い製品であり、D-リモネン市場の成長を促進する強力な推進力です。 D-リモネンは生分解性溶剤であるため、産業用の環境にやさしい溶剤のトレンドを活用することが期待されています。このシナリオは、業界がグリーンで再生可能で生分解性の溶剤の使用を採用している洗浄溶剤製品で特に顕著です。メーカー側では、D-リモネン配合により、洗浄溶剤業界で高性能で費用効果の高い製造プロセスも可能になります。一方、食品加工分野の研究開発分野では、現在D-リモネンが使用されていない多くの食品へのD-リモネンの適用を模索しています。これらのいくつかにはチョコレートが含まれ、D-リモネンは結晶化剤としての機能についてテストされています。ただし、これらの機能はまだ商業化されていませんが、予測期間中に食品セクターでの拡張アプリケーションへのゲートウェイを開き、D-リモネン市場の成長を大幅に強化する可能性があります。 D-リモネンの大量生産の観点から、柑橘系の果物のオフシーズンは、供給D-リモネンの不足に影響を与えます。したがって、供給の問題に対処するために、一部のメーカーはD-リモネンの代替品を開発しており、D-リモネン市場の成長を妨げる可能性があります。

世界のD-リモネン市場:セグメンテーション:

D-リモネン市場は、最終用途の業界とグレードに基づいて分割されます。

エンドユーザー業界に基づいて、D-リモネン市場はに分割されます-

食品および飲料の処理
ダイエットサプリメント
医薬品
化粧品
ホームケア&パーソナルケア
その他

グレードに基づいて、D-リモネン市場はに分割されます-

食品等級
医薬品グレード
工業用グレード
フレグランスグレード
その他(高純度&超高純度)

カスタマイズのリクエスト@https://www.persistencemarketresearch.com/request-customization/17428

バリューチェーン全体で特定された世界のD-リモネン市場の市場参加者の例は次のとおりです。

Shree Bankey Behari Lal Aromatics
Mentha&Allied Products Private Limited
州間商品株式会社
レモンコンセントレートS.L.
フロリダケミカルカンパニー
アストラケミカルズ
Banner Chemicals Limited Recochem Inc.
BelizeLtdのCitrusCompany
スペクトラムケミカル製造株式会社

世界のD-リモネン市場:重要なポイント

2018年10月、栄養補助食品のメーカーであるPraxis Pharmaceutical、S.A。は、胸焼け緩和マルチサプリメントを発売しました。発売された上記のサプリメントには、d-リモネン、ジンゲロール、プロバイオティクスなどの選択された成分が含まれています。

詳細な競合分析については、こちらの事前予約を確認してください@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/17428

私たちについて:https://www.persistencemarketresearch.com/

お問い合わせ:
永続性の市場調査

1-2-1キンシ

アルカ中央ビル14 / F

東京、130-0013

日本

18888633700

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close