Newsニュースプレスリリース技術未分類理科

金属粉末を使用した積層造形市場規模、シェア、および地域別の傾向分析(2021-2028)

“金属粉末を使用した積層造形市場は2020年にxx.xx百万米ドルと評価され、xx.xx%のCAGRを記録し、2028年までにxx.xx百万米ドルに達しました。しかし、COVID-19の影響により、2020年の推定市場規模は縮小しました。 xx.xx百万米ドルに達し、2028年までにxx.xx%のCAGRを登録してxx.xx百万米ドルに達すると予測されています。

二次調査と一次調査を組み合わせて、統一された調査レポートを作成します。アナリストの才能は、膨大な量の入手可能な情報を系統的にふるいにかけ、情報源の幅が広いために範囲が広い、よく議論された業界の視点を提供します。これは、QMIの経験が役立つときです。この実証済みの調査アプローチは、業界の専門家の意見とともに、正確で客観的な市場調査につながるとQMIは考えています。

さらに、商業地域でのドローンの使用の増加は、事故の場合の金銭的リスクと民間人への脅威を含む関連する問題を拡大しました。 金属粉末を使用した積層造形市場は、これらの懸念を緩和し、市場成長の長期的な見通しを維持する上で重要な役割を果たします。

このレポートの対象となる主要企業は次のとおりです。3D Systems Corporation、Additive Industries、Advanced Powder&Coatings、Inc.、Aubert&Duval SA、Aerojet Rocketdyne、Airbus SE、Allegheny Technologies(ATI)、AS America、Inc.、APWorks、Arcam AB、BeAm、Bright Laser Technologies(BLT )、Carpenter Technologies Corp.、Cerevo、Inc.、Concept Laser、Constellium、Cookson Precious Metals Ltd.、DanaMed、EOS GmbH、Equispheres、Inc.、ExOne、Fabrisonic LLC、Farsoon Technologies、Fonon Technologies、GE Additive、Grismont Paris、 HC Starck、Hilderbrand&Cie SA、Hoeganaes Corporation、Insstek GmbH、Legor Group SpA、LPW Technology Ltd.、Materialize NV、Matsuura Machinery Corporation、Metalysis Ltd.、MTU Aero Engines ..

このレポートのサンプルコピー: https://www.quincemarketinsights.com/request-sample-58978?utm_source=extrain/PratikshaP

成長パターンを理解するための地域のセグメンテーションと分析:
北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、および南アメリカは、地域ベースで金属粉末を使用した積層造形市場を分割しました。北米とヨーロッパの主要な市場のいくつかは、特殊化学品、バルク化学品などの化学薬品の典型的なサプライヤーでもあります。この市場の主要企業は、北とヨーロッパに本社を置いています。

北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカ、南アメリカが金属粉末を使用した積層造形マーケットを構成しています。北米は2020年に世界金属粉末を使用した積層造形市場の最大の割合を占め、xx.xx%でした。この市場は2020年にxx.xx百万米ドルの価値があると予想され、xx.xx%のCAGRは2028年までにxx.xx百万米ドルに達すると予想されました。ただし、市場に対するCOVID-19の影響により、推定北米の価値は2020年にxx.xx百万米ドルに低下し、予測期間中にxx.xx%のCAGRで成長し、2028年までにxx.xx百万米ドルに達すると予想されています。

南アメリカとアフリカは金属粉末を使用した積層造形市場に大きな可能性を秘めています。これらの地域では、プレゼンスを強化し、潜在的な市場を開拓するために、グローバル企業による投資が増えています。 金属粉末を使用した積層造形市場のこれらの地域の主要経済国には、ブラジル、南アフリカ、ナイジェリア、アルゼンチン、コロンビアなどが含まれます。

金属粉末を使用した積層造形市場の市場細分化製造技術別(粉末床{直接金属レーザー焼結、選択的レーザー溶融、電子ビーム溶融}、吹き込み粉末{直接金属蒸着、レーザーエンジニアリングネットシェイプ})、材料別(合金{チタン、コバルト、銅、ニッケル、アルミニウム} 、ステンレス鋼{オーステナイト鋼、マルテンサイト鋼、二重鋼、フェライト鋼}、その他の鋼{高速鋼、工具鋼、低合金鋼}、貴金属)、用途別(航空宇宙、自動車、医療、石油およびガス)

プレミアムレポートの概要については、ToCを入手してください @ https://www.quincemarketinsights.com/request-toc-58978?utm_source=extrain/PratikshaP

このレポートの目的:
•地域およびグローバルベースで金属粉末を使用した積層造形の市場の市場規模を推定する。
•金属粉末を使用した積層造形の市場で主要なセグメントを特定し、それらの市場シェアと需要を評価します。
•歴史的な年に主要企業によって観察された主要な開発で金属粉末を使用した積層造形市場に競争力のあるシナリオを提供する。
•予測期間中の潜在的な重力で金属粉末を使用した積層造形市場のダイナミクスを支配する主要な要因を評価します。

このレポートを購入する理由:
•地域およびグローバルベースでの金属粉末を使用した積層造形市場の市場規模の推定
•市場規模の推定と予測のための独自の調査の使用法
•主要な開発を伴う市場で活動している主要企業のプロファイリング
•市場のすべての利害関係者を支援するすべての可能なセグメントをカバーする広い範囲

市場の成長に影響を与える主な要因:
•金属粉末を使用した積層造形の市場の数が増えています。
•非常に細分化された競争の激しい業界
•代替金属粉末を使用した積層造形市場の台頭。

結論:この調査の目的は、さまざまなセグメントと国の近年の市場規模を定義し、その値を予測することです。市場分析の目的は、関係する各地域と国のレポートに市場の定性的側面と定量的側面の両方を組み込むことです。さらに、レポートはまた、業界の将来の成長に影響を与える脅威や推進要因などの重要な側面に関する包括的な情報を提供します。

このレポートの購入については、お問い合わせください @ https://www.quincemarketinsights.com/enquiry-before-buying-58978?utm_source=extrain/PratikshaP

私たちに関しては:
Quince Market Insightsは、一次資料を使用して重要なデータを簡単に評価し、情報を認証して、本格的な市場調査の編集に使用します。この調査は、クライアントが関心を持つ市場要素の定量的および定性的評価を対象としています。グローバル金属粉末を使用した積層造形市場は、市場の最新動向に関する機密データを提供できるサブセグメントに主に分離されています。私たちは、あなたのビジネスが市場で成長するためのいくつかの重要な機会を提供し、効率的なデータを維持することを決意しています。さらに、私たちの主な目的は、複雑なビジネス上の課題に適切なサービスを提供し、簡単な意思決定プロセスを提供することです。

お問い合わせ:

Quince Market Insights

オフィスNo-A109

マハラシュトラ州プネ411028

Tel: APAC +91706672 4848 / USA +1208405 2835 / UK +44 1444 39 0986

Eメール:sales@quincemarketinsights.com

ウェブ:https://www.quincemarketinsights.com

 

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close