Newsスポーツニュースプレスリリース技術未分類理科

板ガラス市場2021年の収益予測と成長分析、メーカーによると「2027年までの予測」

板ガラスの市場規模2020-シェア、成長トレンド、ビジネスの見通し、機会の評価2027

今日、ガラス産業における低コストの生産とは、エネルギーを節約し、資源をより効果的に使用し、市場の要求により柔軟に対応し、資本を少なくすることを意味します。市場が近づき、競争が激化するにつれて、これはますます困難になっています。ただし、フラットスクリーン用の超薄型ガラスや携帯電話などの新製品については、東ヨーロッパとアジアの新しい市場にチャンスがあります。

板ガラスは、従来のレンガ、木、石の代わりに建設業界で広く使用されています。空港や住宅用建物のインフラストラクチャー支出の増加は、環境に優しい建築材料の使用に関する厳格な改正と相まって、業界の成長を促進します。板ガラス産業のダイナミクスに直接影響を与える新たなトレンドには、板ガラスにおける高度なナノテクノロジーの使用の増加、自動車および建築用ガラス用の太陽光制御グレージング、軽量グレージングガラスが含まれます。

エネルギー利用に関する技術開発は、リサイクル可能性や持続可能性などの優れた特性と相まって、市場の成長を後押しすることが期待されています。ただし、原材料の入手可能性と価格の変動性は、市場の需給シナリオに影響を与える可能性があります。高度で専門的でカスタマイズされた製品を市場に導入するためのR& D投資の増加は、将来の市場成長をリードすると予想されます。

無料サンプル@ https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/5415

キープレーヤー

グローバルな F lat Glass Market の主要プレーヤーには次のものが含まれます旭硝子(日本)、サンゴバンSA(フランス)、日本板硝子(日本)、ガーディアンインダストリーズ(米国)、台湾ガラス(台湾)、ショットAG(ドイツ)、PPGインダストリーズ社(米国)、新義Glass(中国)、Nittobo(日本)、Luoyang Glass(中国)、Changzhou Almaden(中国)、Emerge Glass(インド)、AviationGlass&テクノロジー(オランダ)、イオンインダストリーズ(中国)、蘇州華東コーティングガラス(中国)。

市場調査分析:

建設および自動車産業の成長は、世界中でフラットグラスの需要を推進する重要な要因の1つです。フラットグラスの需要は、建物と建物で最も顕著です。建設部門、および自動車産業。需要は建物と建物に集中しています。市場の50%以上の収益シェアを占める建設セクター。 国内の自動車製造業の急成長と電子機器市場の上昇が、過去数年間の高い需要の主な要因でした。世界のインテリアデザイン市場はヨーロッパによって支配されており、米国ではガラスの床、階段、歩道、バスルームの建設において、石や木などの従来のインテリア材料に代わってフラットガラスが使用されています。世界市場は、中国、インド、メキシコ、韓国、シンガポールなどの市場でインフラ開発のための建設費が増加しているため、予測期間中に大幅な成長が見込まれています。一方、米国、中国、インド、オーストラリアなどの国々は、クリーンテクノロジーの採用を開始しています。太陽熱パネルは、再生可能でクリーンな太陽光発電の生産に役立ちます。クリーンなエネルギー源の需要は、今後数年間で市場を牽引するでしょう。さらに、北米とヨーロッパの板ガラス市場は比較的成熟しており、新製品の開発とラミネート製品の嗜好の高まりを特徴としています。

アクセスレポートの詳細@  https:// www .marketresearchfuture.com / reports / flat-g​​lass-market-5415

レポートの範囲

この調査では、4つの地理的地域にわたる1つの市場セグメントを追跡し、世界の板ガラス市場の概要を説明します。レポートは主要なプレーヤーを研究し、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋(APAC)およびその他の地域(ROW)の市場規模、量、およびシェアを強調する5年間の年次傾向分析を提供します。レポートはまた、各地域の今後5年間の市場機会に焦点を当てた予測を提供します。調査の範囲は、その製品、技術、アプリケーション、および地域によって世界の板ガラス市場をセグメント化します。

Tags

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close