技術

相互接続およびパッシブコンポーネント市場レポート、統計、成長、機会、販売、トレンドサービス、アプリケーション、予測2027

相互接続およびパッシブコンポーネント市場の予測、用途別、セグメント数 2020~2027

市場分析

相互接続および受動部品市場は、2016年から2022年の間に6%のCAGRで2,110億米ドルに達すると予測されており、市場調査未来(MRFR)分析は述べています。相互接続は 2 つ以上の電気要素を接続する電気部品で、受動部品は変圧器、コンデンサ、インダクタ、抵抗を構成する電気回路で電力を消費する電気部品です。

無料サンプルレポートを入手する : https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/2411

様々な要因が、世界の相互接続と受動部品の市場シェアを推進しています。最近のMRRFレポートによると、このような要因には、絶え間ない革新、家電分野における効率的で高度な技術の立ち上げ、ヘルスケアアプリケーション、軍事および防衛、自動車、家電、電気通信、データ処理に使用されるデバイスや機械の製造に対するニーズが高まっています。受動型および相互接続型の電子部品市場の成長に加える追加の要因には、産業用M2M通信技術の進歩、産業オートメーションの増加、高性能および小型化された電子機器の需要の高まり、コンピューティング、通信、家電アプリケーションの需要の増加、家電および自動車インフォテインメントの普及などがあります。

それどころか、コモディティコストの全体的な低下、メーカーの利益率の低下、継続的なCOVID-19の影響は、予測期間中の世界的な相互接続と受動部品市場の成長を妨げる要因です。

 

アクセスレポート @ https://www.marketresearchfuture.com/reports/interconnects-and-passive-components-market-2411

 

市場セグメンテーション

MRFRレポートは、コンポーネント、パッシブコンポーネント、相互接続、およびアプリケーションに基づいて、世界の相互接続およびパッシブコンポーネント市場の包括的なセグメント分析を強調しています。

コンポーネント別に、世界の相互接続とパッシブコンポーネント市場は相互接続とパッシブコンポーネントに分かれています。このうち、相互接続コンポーネントセグメントは、予測期間中に市場をリードします。

受動部品により、世界の相互接続および受動部品市場は、ダイオード、変圧器、コンデンサ、インダクタ、抵抗器に区分されます。このうち、コンデンサセグメントは予測期間中に市場を支配するでしょう。

相互接続によって、世界の相互接続および受動部品市場はリレー、スイッチ、コネクタ、プリント基板などに区分される。もう一方のセグメントは、アダプター、スプライス、端末、およびソケットに再びセグメント化されます。このうち、コネクターは予測期間中に市場でライオンのシェアを持つことになります。

アプリケーション別に、世界の相互接続および受動部品市場は、ヘルスケア、産業、自動車、軍事および航空宇宙、通信、データ処理、および家電製品をセグメント化しています。このうち、自動車セグメントは予測期間中に市場を先導します。

地域分析

この地域に基づいて、世界の相互接続およびパッシブコンポーネント市場レポートは、アジア太平洋地域(APAC)、北米、ヨーロッパ、その他の世界(RoW)全体の成長機会と最近の動向をカバーしています。このうち、APAC地域は予測期間中に市場でライオンのシェアを持つことになります。効果的な消費者向け電子製品のニーズの高まり、インド、日本、中国の広大な顧客基盤、太陽光ベースのデバイスの採用の増加は、この地域の世界的な相互接続と受動部品市場の成長に加えつしています。

北米の相互接続および受動部品市場は、予測期間中に見事な成長を見込んでいます。エレクトロニクス分野における技術の進歩と発展、大手プロバイダーの存在、電子インフラの進歩は、この地域における世界的な相互接続および受動部品市場の成長に加えつつある。

欧州の相互接続および受動部品市場は、予測期間中に好成長すると予測されています。ハイブリッド車や電気自動車に対する意識の高まりは、この地域における世界的な相互接続とパッシブコンポーネント市場の成長に加えつあります。

RoWの相互接続および受動部品市場は、予測期間中に着実な成長を示すと予測されています。

主なプレーヤー

世界の相互接続およびパッシブコンポーネント市場レポートでプロファイリングされた主要なプレーヤーには、ホンハイ精密工業有限公司が含まれます。 株式会社(米国)、広瀬電気株式会社(日本)、ハッベル株式会社(米国)、デルファイオートモーティブPLC(英国)、アンフェノール株式会社(米国)、アメテック社(米国)、パナソニック株式会社(日本)、モレックス、LLC(米国)、AVXコーポレーション(米国)、シスコシステムズ、シスコシステムズ 株式会社(米国)

市場調査の将来について:

市場調査未来(MRFR)は、情報技術(IT)、ヘルスケア、および化学物質の分野で顧客にサービスを提供するという評判の高い企業です。当社のアナリストは、360度の視点でシームレスなレポートを提供するために、一次および二次的な研究に苦労しています。データは、グラフィカルな情報と統計情報に裏打ちされた非の打ちどころのないレポートを作成するための、評判の良い組織、信頼できるデータベース、および国際的な調査と比較されます。

MRFRでは、クライアントの好みに合わせて、シンジケートとカスタマイズされたレポートを提供しています。当社のコンサルティングサービスは、ビジネスリスクを排除し、お客様の収益を押し上げることを目的としています。インタビュー、調査、世論調査を通じて熱心な研究を行うアナリストの実践的な経験と能力は、私たちの腕前の声明です。私たちは常に変動の市場を監視し、定期的にレポートを更新します。

 

 

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close