最新記事


JR西日本、平成から令和 改元記念SL「やまぐち」号出発式を開催


JR西日本は、5月1日に平成から令和に新元号が改元されることに合わせて、SL「やまぐち」号で令和改元記念出発式を新山口駅において開催した。10時26分、新山口駅1番のりばにD51形200号機蒸気機関車がけん引するSL「やまぐち」号が入線した。SLアテンダントの山口県立大学国際(⇒続きを読む


伊豆急行、改元記念特別企画を実施 記念乗車券発売やヘッドマークを掲出して運転


伊豆急行は、天皇陛下退位および天皇陛下即位に伴う改元を記念して「改元記念特別企画」を実施する。「ありがとう平成・ようこそ令和記念乗車券」は平成を駆け抜けた「伊豆急2100系リゾート21」と令和の時代へと走り続ける「伊豆急2100系」をあしらった台紙に2 種類のB 型硬(⇒続きを読む


箱根観光船、水戸岡鋭治氏デザインによる新型海賊船「クイーン芦ノ湖」4月25日の就航に先駆けて報道陣に公開


小田急箱根グループの箱根観光船は、7代目となる新型海賊船「クイーン芦ノ湖」が4月25日から就航した。就航に先駆けて23日、報道陣向けに試乗会を実施して公開した。水戸岡鋭治氏がデザインを手がけた新型海賊船「クイーン芦ノ湖」は心ときめくクルーズをコンセプトとし、芦(⇒続きを読む


小田急電鉄、12年ぶりの新型車両5000形を導入


小田急電鉄は、12年ぶりの新型車両5000形を導入すると発表した。「より広く、 より快適に」をキーワードに車内空間の「広さ」「明るさ」「安心感」「優しさ」を追求したデザインとしている。車両構造は拡幅車体を採用して車内スペースを拡張するとともに室内では車両間の仕切(⇒続きを読む


相鉄グループ、2019年度鉄道設備投資計画を発表 相鉄・JR直通線用新型車両を5編成導入


相鉄グループは、2019年度に鉄道事業とバス事業に総額213億円、うち鉄道事業に202億円の設備投資を実施すると発表した。11月30日に開業予定の相鉄・JR直通線に向けて既に導入している新型車両12000系1編成に加えてさらに5編成導入する。駅ホームにおける安全と安全輸送を確保(⇒続きを読む


Traicyグループメディア 最新記事