北陸新幹線、初の試験走行列車歓迎イベントを飯山駅で開催!


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
_MG_1716

北陸新幹線は、2015年春の開業に向けて、2013年12月2日より、長野駅~黒部宇奈月温泉駅間において列車の走行試験が開始されました。

長野駅を出発した新幹線電気・軌道総合検測車East-i(イーストアイ)は、時速30キロで走行し、初の停車駅の飯山駅では、午前4時より歓迎イベントを開催しました。

地元イベント参加者100名を事前募集し、ゆるキャラと共に旗を振って北陸新幹線を初めて走った列車を歓迎しました。

_MG_1764

式典では、列車の乗務員らへ花束が贈られ、関係者によりくす玉を割ってお祝いをしました。

今後は、新幹線電気・軌道総合検測車East-i(イーストアイ)とE2系新幹線車両を使用して走行試験が実施します。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック