JR東日本、消費税率引き上げに伴う運賃・料金改定でICカード利用に「1円単位運賃」を導入!


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
_MG_1408

JR東日本は、2014年4月1日より消費税の税率が8パーセントに引き上げられることから、2013年12月12日、国土交通大臣に鉄道運賃・料金の変更認可を申請しました。

ICカードを利用する場合に「1円単位運賃」を導入。きっぷは原則として端数処理は四捨五入ですが、一部切り上げで10円単位となります。

初乗り運賃は、山手線の現行運賃は130円、申請運賃ICカード利用で133円、きっぷ利用で140円。電車特定区間の現行運賃は130円、申請運賃ICカード利用で133円、きっぷ利用で140円。地方交通線の現行運賃は140円、申請運賃ICカード利用で144円、きっぷ利用で140円。幹線の現行運賃は140円、申請運賃ICカード利用で144円、きっぷ利用で140円となります。

ICカードをより利用しやすいものにするため、Suicaの販売価格は、現行の2,000円から1,000円(デポジット500円)になります。また、改札外のチャージ最低額を現行の1,000円から500円に引き下げます。

詳細はこちら


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック