JR九州、年末年始の利用状況を発表


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
_MG_9499

JR九州は、12月28日~1月5日までの9日間の利用状況を発表した。

九州新幹線(博多~熊本)の利用人員は311千人で前年比102%、在来線特急(鳥栖~肥前山口・小倉~行橋)の利用人員は379千人で前年比100%であった。

最混雑率列車は、下り九州新幹線では12月30日博多9時58分発「さくら545号」が乗車率120%、長崎本線では12月29日博多22時11分発「かもめ49号」が乗車率178%、日豊本線では12月31日小倉12時39分発「ソニック21号」が乗車率155%、上り九州新幹線では1月3日博多17時41分着「さくら564号」が乗車率173%、長崎本線では1月5日博多14時14分着「かもめ22号」が乗車率156%、日豊本線では1月3日小倉17時37分着「ソニック46号」が乗車率192%であった。

詳細はこちら


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック