東武鉄道のSL「大樹」の営業運転開始日を8月10日に決定


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tobu-S0076086

東武鉄道は、日光・鬼怒川地区でのC11形207号機・SL「大樹」の営業運転開始日を8月10日に決定したことを発表した。

2017年度は土・休日を中心に約100日の運転を予定、下今市駅~鬼怒川温泉駅間12.4kmを約35分掛け運転し、1日3往復する。

SLの発着駅の拠点となる下今市駅は全面的に改修を行い、かつてSLが走っていた時代を彷彿とさせる昭和レトロ間の駅舎に改修し、下今市駅構内にはSLの雄姿を見学できるエリアを整備、SLの日常点検等を行う下今市SL機関庫を新設する。

料金や運転日、運転時刻等は決まり次第発表する。

詳細はこちら


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック