能勢電鉄、3月18日に鉄道線のダイヤ改正を実施


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
noseden105516

能勢電鉄は、3月18日に鉄道線のダイヤ改正を実施する。

平日ダイヤでは、川西能勢口に到着する列車の7時台1本と8時台3本で4本の減便を行い、妙見急行を廃止し、川西能勢口行きか山下行き普通列車に変更を行うと共に、妙見口発の6時台~8時台の列車本数を16本に変更する。

妙見口発川西能勢口ゆき普通列車は、一部を除き平野駅での特急列車待ちを廃止し所要時間を25分46秒に短縮するほか、妙見口発川西能勢口ゆき普通列車6時52分、7時11分、7時28分、7時37分、7時59分の5列車で川西能勢口発梅田行き通勤快特に接続を行う。

最混雑時間帯には、平野発普通列車を2列車を新設し、7時台の多田~絹延橋間各駅の列車本数は9本に増加する。夕方ラッシュの時間帯は、18時台の川西能勢口発日生中央行き普通列車を1列車減便する。

土曜ダイヤでは、川西能勢口に到着する列車を6時台1本と7時台3本を4本の減便を行い、他の列車の時刻を調整することにより川西能勢口駅での阪急宝塚線への乗り継ぎの利便性の向上を図る。妙見急行と日生急行を廃止し、川西能勢口行き普通列車に変更を行うと共に、7時台の多田~絹延橋間各駅の列車本数は8本に増加する。

日・祝日ダイヤの変更は行われない。

詳細はこちら


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック