【フォトレポート】西武鉄道、新型通勤車両40000系を報道陣に公開!


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
s_8572

西武鉄道は、スマイルトレインの後継となる「人にやさしい、みんなと共に進む電車」をコンセプトにした新型通勤車両40000系を2月13日、報道陣に公開した。

s_8951

外観は先頭の形状が丸みを強調したフォルムで柔らかいイメージの先進的なデザイン。

カラーデザインは西武グループのコーポレートカラーを基調とし、沿線の風景や自然を感じさせる「山の緑と空の青」をイメージした。

車両は10両固定編成、アルミダブルスキン構体、地下鉄乗り入れ・相互直通に対応。

s_8834

s_8907

s_8784

s_8929

s_8905

インテリアは、通常時のロングシートと着座サービス時のクロスシートで転換して使い分けることができる。

クロスシート時に使用できるドリンクホルダーとフックを配置、主にクロスシート時に使用できる電源コンセントを2座席につき1つ設置。

s_8840

空気清浄機(プラズマクラスター)を設置。各車客室内妻部にアクセスポイントを搭載したWi-Fiを利用可。

s_8937

中吊り広告に代わり広告用デジタルサイネージ「Smileビジョン」を客室中央に設置。

s_8743

s_8874

先頭車両10号車は、車いす、ベビーカー、大きな荷物を持って快適に過ごせるフリースペースのパートナーゾーンを設置。

s_8923

4号車に車いす対応トイレを設け、トイレ内にはオムツ交換シートを設置。

s_8888

s_8590

有料座席指定列車「S-TRAIN」が3月25日より新型通勤車両40000系にて平日は所沢~豊洲、土休日は西武秩父~元町・中華街に運転する。

平日は、主lに通勤・通学での利用を想定し、保谷・石神井公園に停車し東京メトロ有楽町線方面へ新たな着席サービスを提供。

土休日は、主に観光・レジャーなどでの利用を想定し、横浜高速鉄道みなとみらい線から西武秩父へ初の直通運転となり、秩父エリアへのアクセスが向上する。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック