東武鉄道、新たなC11形蒸気機関車が動態保存を目的とした復元に向けての搬入作業を実施


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2018-11-14-AY8I5922

東武鉄道は、日本鉄道保存協会が静態保存していたC11形蒸気機関車を東武博物館が譲り受け、動態保存を目的として復元するため11月14日、埼玉県久喜市の南栗橋車両管区への搬入し、作業を報道陣に公開した。

2018-11-14-AY8I5721

C11形蒸気機関車は11月8日に北海道江別市を陸路(トレーラー)にて出発し、9日に苫小牧港到着。運搬の都合上12日に海路(フェリー)にて苫小牧港を出発し、13日に大洗港到着。再度陸路(トレーラー)にて大洗港を出発し、14日南栗橋車両管区に到着した。

2018-11-14-AY8I5736

南栗橋車両管区正門から検修庫前へトレーラーで搬入する。

2018-11-14-AY8I5764

2018-11-14-AY8I5795

カバーを取り外し、お披露目となった。

2018-11-14-AY8I5857

トレーラーからクレーンで吊り上げ、線路に移す。

2018-11-14-AY8I5948

C111は1947年に江若鉄道の発注により日本車輌製造にて製造。1957年から雄別炭礦鉄道、1970年釧路開発埠頭で活躍し、1975年廃車後は静態保存されていた。

2018-11-14-AY8I5926

2018-11-14-AY8I5981

2020年冬に復元後は蒸気機関車が2機体制となることで日光、鬼怒川エリアで年間を通してSL安定運転が可能となるほか、他線区でのイベント運転等も検討可能となる。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック