相模鉄道、相鉄・JR直通線用の新型車両 能面をイメージした力強いデザイン「12000系」が到着


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
10_12000系がセンターに入線

相鉄グループの相模鉄道は、2019年度下期開業予定の相鉄・JR直通線用の車両として来年春導入する新型12000系を製造元の総合車両製作所を12月18日に出発し、かしわ台車両センターに到着したと明らかにした。

01_出発した12000系

05_ディーゼル車で牽引

08_羽沢横浜国大駅付近

06_そうにゃん

12000系は全6編成60両製造のうち1編成となり、JR東海道貨物線「羽沢横浜国大駅」付近を通過し、JR相模線、厚木操車場を経由して輸送した。

2019年度下期末までに全6編成を導入する予定となっている。

(画像提供:相鉄グループ・相模鉄道)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック