台湾鉄路管理局、EMU500型が「しなの鉄道色」で運転開始


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
EMU500型しなの鉄道色2

しなの鉄道との交流事業の一環として台湾鉄路管理局は、EMU500型電車1編成にしなの鉄道115系電車「しなの鉄道色」をイメージしたラッピングを施し、1月8日より運転を開始した。

ラッピング車両はEMU500型電車4両1編成、344両86編成製造された東部幹線、西部幹線の電化区間で通勤電車として今後約3年間の予定で運転する。

しなの鉄道は、2018年3月26日に台湾鉄路管理局と友好協定を締結した。

(画像提供:しなの鉄道)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック