JR四国、新たな「ものがたり列車」を2020年春より高知県内で運転


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
new

JR四国は、2020年春を目途に新たな「ものがたり列車」を高知県内で運転すると発表した。

列車名は「志国土佐 時代(とき)の夜明けのものがたり」、運転区間は土讃線 高知駅~窪川駅間、キハ185系2両編成で定員は50名程度で土日祝日を中心に1日1往復の運転を予定している。

車両デザインコンセプトは「文明開化ロマンティシズム」で蒸気機関、ロケットエンジンデザインのダイナミズムを新たな旅への高揚感のモチーフとして、明治期の装飾表現と融合させる「空」想ファンタジーデザイン。

外観、内装等の車両デザインはこれまで同様、JR四国社員が担当する。

(画像提供:JR四国)

詳細はこちら


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック