JR西日本、北陸新幹線の携帯電話通信サービス区間を延長


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
w7_MG_7444

JR西日本は、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクと共同で、北陸新幹線の新親不知トンネル東側間〜糸魚川駅~峰山トンネル西側間で携帯電話サービスの提供を新たに開始する。

新親不知トンネル東側間から糸魚川駅は2月22日始発列車より、糸魚川駅~峰山トンネル西側間は3月15日よりそれぞれサービスを開始する。

トンネル等の人工的な構造物により電波が遮へいされ、携帯電話が使用できない地域において移動通信用中継施設等を設置して利用を可能にするなど、電波の適正な利用を確保することを目的としている「電波遮へい対策事業」に基づき、国の補助金を活用した工事を行っている。峰山トンネル東側~上越妙高駅間は対策工事を実施中でサービス開始時期については決定次第知らせるとしている。

詳細はこちら


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック