京成電鉄、15年ぶりに新型形式車両「3100形」を導入 2019年秋に成田スカイアクセス線でデビュー


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
3100形新造車両リリース1枚目【車両】

京成電鉄は、2019年秋に新型形式車両「3100形」を導入することを発表した。

新型形式車両は「受け継ぐ伝統と新たな価値の創造」をコンセプトに質実さ、実用本位という京成電鉄の基本思想を大切にしつつ、空港アクセスを担う車両として便利で快適な移動区間を提供するため、京成電鉄初となるデザインや設備を採用する。

3100形新造車両リリース2枚目【車両】


外観デザインは、成田スカイアクセスを走行することをより分かりやすくするため、成田スカイアクセスの案内カラーであるオレンジを初めて取り入れ、別ルートである都心~成田空港間を結ぶ京成本線との誤乗車防止を図る。

デザインのアクセントとして、空港アクセスのシンボルである飛行機と、「成田山新勝寺」「浅草雷門とスカイツリー」「千葉県側からの富士山遠景」など沿線各所のイメージイラストをアクセントとして車体に描く。

3100形収納腰掛①

車内設備には、座席の一部をスーツケース置場等にも使用できる折り畳み式とし、1両に4箇所(先頭車は3箇所)に設置、車内セキュリティー向上を目的として車内防犯カメラを1両あたり3台設置する。

3100形車端部

2020年4月から対応が必要となる、バリアフリー整備ガイドライン対応として、中間車両に車いすやベビーカーの乗客が利用できるフリースペース、先頭車両については従来と同等の車いすスペースを車両に設置する。

プラズマクラスターイオン発生装置の導入するなど、車内環境の改善を図る。

いずれも京成電鉄の通勤型車両として初めての取り組みとなる。

3100形側ドア上

17インチLCD(液晶)車内案内表示器画面を各乗降扉上にの2画面ずつ設置し、停車駅や乗り換え案内等の表示に加え、広告の放映等を行うことでより多くの情報を案内する。

車外行先表示器はホームからの視認性を向上させるため種別・行先表示を大型化を行う。

3100形客室全体②

京成グループ標準車両として新京成電鉄と共同で設計した8両2編成の合計16両を導入する予定となっている。

(画像提供:京成電鉄)

詳細はこちら


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック