小田急電鉄、新旧ロマンスカー70000形GSEと3000形SEがそろって展示


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019-05-25-EC5A6042

小田急電鉄は、5月25日・26日の2日間、海老名電車基地で開催した「小田急ファミリー鉄道展2019」において第1回ブルーリボン賞を受賞した特急ロマンスカー・SE(3000形)と第62回ブルーリボン賞を受賞した特急ロマンスカー・GSE(70000形)を並んで展示した。

2019-05-25-EC5A5992

1957年に登場した3000形は「Super Express Car」(SE車)と呼ばれ、低重心、超軽量の流線形車両で7月に営業運転を開始、9月には国鉄東海道本線において狭軌鉄道の世界最高速度時速145キロを樹立した。

鉄道友の会選定の「ブルーリボン賞」が制定されるきっかけとなった車両である。

2019-05-25-EC5A6335

1968年7月から御殿場線直通列車がSE車により「あさぎり」として運転された。

2019-05-25-EC5A6035

2018年3月10年ぶりとなる新型車両70000形が営業運転を開始、13年ぶりとなる展望席を設置した「Graceful Super Express」(GSE車)。

「ファミリー鉄道展2019」は車両展示をはじめ車両機器操作体験コーナー、鉄道グッズ販売などを実施した。

(取材協力:小田急電鉄)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック