富士急行、開業90周年記念車両が6月22日より運転開始


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sub1


富士急行は、6000系車両による開業90周年記念車両を6月22日より運転を開始した。

1929年6月19日に大月駅~富士吉田駅(現:富士山駅)間が開業、90周年を記念した車両は市松柄とグラデーションの和モダンを基調とし、世界遺産「富士山」の雄大で優美な姿を金色で表現した。

sub2

内装は床やつり革など車内随所に木を使用、カーテンとモケットには富士山柄をあしらったオリジナルデザインを使用している。

車内には大型のキャリーケースを収納することのできる荷物棚を富士急行線では初めて設置。 富士山エリア観光のさらなる利便性向上を図っている。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック