相模鉄道・JR東日本、直通線の運行計画の概要が決定


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
DJ1_0169

相模鉄道とJR東日本は、相互直通運転を行う「相鉄・JR直通線」の11月30日開業に向けた準備を進めており、運行計画の概要を決定した。

運行区間は相鉄線海老名~JR線新宿(朝通勤時間帯の一部列車は大宮方面へ直通)。運転本数は終日運行本数が46往復、朝ピーク時間帯は1時間に4本。その他時間帯は1時間に2~3本。

使用車両は相鉄12000系、JR東日本埼京・川越線用E233系。

相鉄線内種別「特急」停車駅は海老名、大和、二俣川、西谷、羽沢横浜国大、武蔵小杉、西大井、大崎、恵比寿、渋谷、新宿で最速達列車で44分。

具体的な運行計画などについては詳細が決定次第知らせるとしている。

(画像提供:相鉄グループ・相模鉄道)

詳細はこちら


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック