住友商事・総合車両製作所、フィリピン運輸省から南北通勤鉄道向け車両104両を受注


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
d726-629-689154-2

住友商事・総合車両製作所は、フィリピン運輸省から南北通勤鉄道向け車両104両納入を受注し、7月16日に契約調印した。

マニラ首都圏と周辺都市を南北に結ぶ「南北通勤鉄道計画」のうち、マニラ市ツツバンと北方のブラカン州マロロス区間(約38キロメートル)を走る鉄道車両104両を設計、製造し、納入する。

総合車両製作所はステンレス車両製造のパイオニアとして次世代ステンレス車両ブランド「sustina」を国内外で積極的に展開して納入してきた、本プロジェクトにおいても「sustina」を提供することでフィリピンの交通渋滞の緩和や地域の発展に寄与していく。

契約金額は約230億円、2023年2月に全車両を引き渡す予定。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック