JR北海道、キハ261系5000番台「多目的車両」特急気動車を製作


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
h-01

JR北海道は「スーパー北斗」や「スーパーとかち」で使用しているキハ261系1000番台特急気動車をベースとして「多目的車両」特急気動車キハ261系5000番台を製造すると発表した。

h-02

キハ261系5000番台特急気動車は2編成を製造、各5両編成で北海道を代表する花である「はまなす」「ラベンダー」をイメージしたカラーとする。

h-03

1号車は定員26名、イベントで料理を提供できるフリースペースを設置、地域の特産品などを販売できる簡易的販売カウンターを設置する。


多目的室を個室として利用できる設備とし、テーブルを挟んで2名で利用でき、掘りごたつ式となる。

h-04

2号車~5号車客室は全席にコンセントを中央のひじ掛け下部に設置、公衆無線LANが利用可能となる。座席を向かい合わせとしたときにもテーブルが利用できるようにインアームテーブルを設置、従来通り全席の背面にもテーブルあり。荷物置場を各客室に2か所設置、2号車に車いすスペースを2か所設置する。

今後、「はまなす」編成が2020年10月頃、「ラベンダー」編成が2021年4月頃を使用開始する予定で特急「宗谷」などの定期列車のはか、年末年始の繁忙期や修学旅行の臨時列車として運行、観光シーズンは「フラノラベンダーエクスプレス」など観光貸切列車や団体臨時列車として運行予定となっている。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック