工事・運休カテゴリの記事


南海電気鉄道、高野山ケーブルカー新造に伴い バス代行輸送を実施 「天空」の運休や特急「こうや」は「りんかん」として運転

南海電気鉄道は、高野山ケーブルカーの新造に伴い、3代目高野山ケーブルカーを11月25日をもって運転を終了し、11月26日から2019年2月28日(予定)まで極楽橋駅~高野山駅間が運休となることから高野山へのアクセスを確保するためバスによる代行輸送を実施している。バスによ(⇒続きを読む


真岡鐡道、ディーゼル機関車修繕完了に目途 SL列車が1月5日より運転を再開

真岡鐡道は、11月3日に発生したDE101535号機ディーゼル機関車故障の影響でSL列車「SLもおか」の運転を休止していたがディーゼル機関車修繕完了に目途が立ち、2019年1月5日より運転を再開すると発表した。例年運転されている「SLサンタトレイン」は引き続き運休となるが新年に(⇒続きを読む


小田急電鉄、参宮橋駅の改良工事を11月から実施

小田急電鉄は、「木に緑に溶け込む「杜」の玄関口」をコンセプトに参宮橋駅の改良工事を11月から実施する。駅舎の外装を一新するほか、駅前空間の面積を拡大し、トイレを全面リニューアルするなど機能性を向上させることでより便利で快適に利用できるようになる。 駅舎は構造(⇒続きを読む


JR西日本、東淀川駅を橋上化して駅付近の開かずの踏切を廃止

JR西日本は、東淀川駅の既存駅構内跨線橋を活用して自由通路に接続する橋上駅舎を整備し、使用開始に合わせて11月11日未明に踏切を廃止する。最大遮断時間が最大57分の南宮原踏切、最大56分の北宮原第1踏切、最大40分の北宮原第2踏切を廃止することで重大事故を未然に防止で(⇒続きを読む


国土交通省、関西国際空港連絡橋 橋桁の撤去作業を実施 鉄道アクセスは月内に再開の見込み

国土交通省は、台風21号の影響によりタンカー船が衝突した関西国際空港連絡橋の損傷した橋桁撤去を9月12日より作業に着手する。作業が順調に進めば、鉄道桁の据え直し作業にも着手できるため鉄道による空港アクセスを月内にも再開できる見込みとしている。(⇒続きを読む