大井川鐡道カテゴリの記事


大井川鐡道、恒例の納涼生ビール列車を運転

大井川鐡道は、7月と9月の合計6日間にわたり、生ビール列車を運転する。 車両は、特別車両畳敷きのお座敷客車と金谷寄りに展望デッキのついた展望車を使用する。 1984年から毎年夏季を中心に運転、7月、8月を中心に運転していたが今年は9月に初運転する。 運転日(⇒続きを読む


大井川鐡道、西武E31形電気機関車を2018年の営業運転を目指し整備工事を開始

大井川鐡道は、2010年9月に西武鉄道より導入したE31形電気機関車を営業運転に向けた車両整備工事を開始した。西武時代は保線用工事列車や貨物列車のけん引機として使用していた。大井川本線で運用中の1949年製造2両、1956年製造1両の電気機関車3両への負荷軽減効果、輸送安全(⇒続きを読む


大井川鐡道、「吟醸列車」を井川線で新緑時に初運転!

大井川鐡道は、井川線(南アルプスあぷとライン)で秋に特別列車として運転する「吟醸列車」を初の試みとして新緑時に初めて運転する。運転日は5月27日。千頭駅発11時4分、接岨峡温泉駅着12時45分。接岨峡温泉駅発14時5分、千頭駅着15時50分、参加費は5,000円(未成年の(⇒続きを読む


大井川鐡道、「きかんしゃトーマス」今年は6月17日から運転!

大井川鐡道は、きかんしゃトーマスを6月17日から10月9日までの、のべ76日間、きかんしゃトーマス号 は65日計130本、きかんしゃジェームス号は25日計50本の計180本を運転する。 きかんしゃトーマス号・ジェームス号乗車の際は、ローソンチケットでの抽選エントリー方(⇒続きを読む


大井川鐡道、井川線が2年半ぶりに全通再開!3月18日に開通式典を開催

大井川鐡道は、3月11日におよそ2年半ぶりに全通するのにあわせ、南アルプスあぷとライン周辺地域誘客協議会は3月18日に千頭駅で開通式典、記念イベント、伝統芸能の披露などを行う。 当日は3両在籍しているアプト式電気機関車のフル稼働で3重連運転を行う(⇒続きを読む