東武鉄道カテゴリの記事


東武鉄道、東上線に新種別「川越特急」誕生 ダイヤ改正に先行して「池袋・川越アートトレイン」が登場

東武鉄道は、3月16日に東武東上線においてダイヤ改正を実施し、新たに特急料金不要の新種別「川越特急」を設定して池袋~川越間を最速26分で結ぶ。「川越特急」は50090型クロスシートで運転、停車駅は池袋、朝霞台、川越、川越市、坂戸、東松山~小川町間各駅、土休日は下り2(⇒続きを読む


東武鉄道、SL大樹に14系客車「ドリームカー」を導入

東武鉄道は、JR北海道で活躍していた14系客車「ドリームカー」1両を鬼怒川線を走るSL大樹の客車として新たに導入する。「ドリームカー(オハ14-505)」は、札幌~釧路間を運転していた急行「まりも」用として1988年に改造して誕生した5両のうちの1両で、グリーン車同等のシー(⇒続きを読む


東武鉄道、「ありがとう50090型ブルーバード号」を運転

東武鉄道は、かつて東上線で活躍した行楽列車フライング東上号のリバイバルカラー車両として2015年11月から運転を開始した50090型ブルーバード号ラッピング車両の運転を2月上旬をもって終了する。運転終了前の2月2日、臨時列車「ありがとう50090型ブルーバード号」を池袋発森(⇒続きを読む


東武鉄道、南栗橋車両管区で「2018東武ファンフェスタ」を開催

東武鉄道は、12月2日に埼玉県久喜市の南栗橋車両管区において「2018東武ファンフェスタ」を開催した。車両展示会は500系、70000系、60000系、20400型、350型、200型、100型が並べられた。当日は館林発南栗橋車両管区まで直行する臨時列車ツアー「500系リバティ 2018年鉄道友(⇒続きを読む


東武鉄道、蒸気機関車の復元に着手 「SL大樹」が2機体制に

東武鉄道は、2017年8月10日より東武鬼怒川線において約半世紀ぶりにSL復活運転を実施しているが、日本鉄道保存協会より東武博物館が譲り受けたC11形蒸気機関車の動態保存を目的とした復元に着手すると発表した。復元予定機はC11形蒸気機関車で1947年に江若鉄道の発注により日(⇒続きを読む