イノベーションに直接比例して成長する細胞培養培地市場

何十年にもわたって、世界中で癌などの慢性疾患の有病率が著しく増加しています。これにより、世界中の製薬会社がより効果的な医薬品と治療法を開発するという焦点が強化されています。

さまざまな細胞培養株を使用したバイオテクノロジーおよびバイオ医薬品製品の需要の増加が重要性を増しています。細胞培養に対するこの増大する需要は、今後数年間で細胞培養培地市場の成長を後押しするでしょう。

レポートのサンプルコピーを入手する@https://www.persistencemarketresearch.com/samples/31338

会社概要

サーモフィッシャーサイエンティフィック株式会社
メルクKGaA
GEヘルスケア
ロンザ
Corning Incorporated
アーバインサイエンティフィック
STEMCELL Technologies Inc.
PANバイオテック
MP Biomedicals、LLC
PromoCell GmbH
Becton、Dickinson and Company
ハイメディアラボラトリーズ

そのため、世界の細胞培養培地市場は2018年に24億米ドルと評価され、予測期間(2019〜 2029年)にわたって7%の健全なCAGRを目撃すると予想されます。

細胞培養培地市場調査の重要なポイント

無血清培地は、製品の入手可能性が高く、その採用が増加しているため、2018年の細胞培養培地市場に最大のシェアをもたらしました。
癌の有病率の上昇と癌研究資金の増加に起因して、癌研究は2018年に世界の細胞培養培地市場で顕著なシェアを占めました。
バイオ医薬品企業セグメントは、バイオ医薬品生産における細胞培養培地の使用が増加しているため、最も収益性の高いセグメントです。
製薬会社の数の増加は、世界の細胞培養培地市場における北米の支配に貢献しています。
癌やその有病率の上昇などのさまざまな病気に関する意識の高まりに起因して、東アジアは2029年まで細胞培養培地市場に顕著な成長の機会を提供すると予想されます。

レポートの方法論を知る@https://www.persistencemarketresearch.com/methodology/31338

「細胞培養培地は、医薬品開発に役立つだけでなく、将来の研究に役立つ広範なデータを収集します。無血清培地の需要の高まりは、今後数年間で細胞培養培地市場に大きな成長の機会を提供するでしょう」とPMRアナリストは述べています。

細胞培養培地技術の動向

慢性疾患を治療する能力を持つ多くの研究およびパイプライン製品があります。これは、技術の現状と研究開発活動に対する政府によるより多くの資金提供に起因しています。また、細胞培養ベースのワクチンに対する意識の高まりとバイオ医薬品の需要の増加は、細胞培養培地市場の成長を後押しします。

受託製造機関と主要企業間のコラボレーションが増えると、市場の成長がさらに加速します。無血清細胞培養培地は、他の細胞培養培地の中でも、予測期間にわたって比較的速い速度で成長する可能性があります。

完全なレポートにアクセス@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/31338

細胞培養培地市場に関するより価値のある洞察

Persistence Market Researchは、最新の研究で細胞培養培地市場に関する独自の視点と実用的な洞察を提供し、製品(血清含有培地、無血清培地)に基づいて、2014〜2018年の過去の需要評価と2019〜2029年の予測を提示します、無タンパク質培地、および化学的に定義された培地)、アプリケーション(癌研究、生物医薬品、再生医療および組織工学、幹細胞技術など)、およびエンドユーザー(生物製薬会社、臨床研究機関、および学術研究センター)、 6つの地域にまたがって。

私たちに関しては:

Persistence Market Researchは、顧客体験の向上に関するワンストップソリューションを企業に提供するためにここにあります。 パーソナライズされた顧客とのやり取りを経て、「顧客関係」と「ビジネス成果」の間の「欠落した」リンクとして機能することにより、顧客のエクスペリエンスに付加価値を与えるために適切なフィードバックを収集します。 可能な限り最高のリターンが保証されています。

お問い合わせ:

永続性の市場調査
住所– 305 Broadway、7th FloorNew York City、
NY10007アメリカ合衆国
米国博士– + 1-646-568-7751
米国-カナダフリーダイヤル– +1 800-961-0353
セールス– sales@persistencemarketresearch.com
ウェブサイト– https://www.persistencemarketresearch.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。