3Dバイオプリンティング市場の動向と予測2027年| Rainbow Biosciences、Osteopore International、Tissue Regeneration System、Advanced Solution Lifesciences

3D Bioprinting Marketは、2017年に約4億8,450万米ドルと評価され、2024年の終わりまでに3250.60百万米ドルを達成すると評価され、CAGR 31.25%付近で発展しています。 2018年と2024年の予測

。3Dバイオプリンティング市場:世界規模、傾向、競争力、歴史的および予測分析、2021年から2027年?組織および臓器移植の増加と研究開発活動の活発化は、グローバル3Dバイオプリンティング市場の主要な推進力です。

グローバル3Dバイオプリンティング市場レポートの範囲–バイオプリンティング

3Dバイオプリンティングは、組織工学の分野における新しい革新的な技術であり、で利用できるデザインを作成するための標的組織の主要な構造的および組成的コンポーネントの特定を含みます。実験室環境でその組織を生成するようにプリンター。 3Dバイオプリンティング技術は、幅広い臨床および研究用途を持ち、その出現により、骨、肝臓、心臓、軟骨、および異種組成の皮膚などの大型バイオ人工臓器の製造が大幅に進歩しました。そのため、グローバル3Dバイオプリンティング市場の調査中に、市場を分析するために3Dバイオプリンティング製品と消耗品を検討しました。

レポートのサンプルコピーを入手@httpsSample ://industrystatsreport.com/Request/Sample?ResearchPostId = 276&RequestType = 

**このレポートのサンプルページは、リクエストに応じてすぐにアクセスできます。 **

グローバル3Dバイオプリンティング市場レポートは、技術タイプ、材料タイプ、アプリケーションタイプに基づいて、地域および国レベルでセグメント化されています。技術タイプに基づいて、世界の3Dバイオプリンティング市場は、インクジェットベース、押出成形ベース、レーザーベース、光重合、電子ベースなどに分類されます。材料の種類に基づいて、世界の3Dバイオプリンティング市場は、生細胞、細胞外マトリックス、ヒドロゲルなどに分類されます。アプリケーションの種類に基づいて、世界の3Dバイオプリンティング市場は臨床および研究に分類されます。

この3Dバイオプリンティング市場レポートの対象地域は、北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、その他の地域です。国レベルに基づいて、3Dバイオプリンティングの市場は、米国、メキシコ、カナダ、英国、フランス、ドイツ、イタリア、中国、日本、インド、東南アジア、GCC、アフリカなどに細分されます。

グローバル3Dの主要プレーヤーバイオ-

プリンティング市場レポートグローバル3Dバイオプリンティング市場レポートは、3Dバイオプリンティングソリューション、3D Biotek、Advanced BioMatrix、BioBots、CELLINK、Cyfuse Biomedical KK、DigiLab Inc、Rainbow Biosciences、Osteopore International、Tissue Regeneration System、Advanced Solution Lifesciences、MicroFabTechnologiesなどの著名なプレーヤーを対象としています。 Inc.、Envision TEC、Seraph Robotics、InSphero Inc、SHINING 3D TECH、3D Systems、Avita Medical、Bespoke Innovations、Autodesk、EnvisionTEC、Cyfuse Biomedical、CMC Microsystems、United Therapeutics、TeVido BioDevices、Bio3D Technologies、Helisys Inc.、BD Biosciences 、Nano3D Biosciences、Inc.、Organovo Holdings、Inc.、Regenhu Ltd.、Aspect Biosystems Ltd.、Cellink AB、Regenovo Biotechnology Co.、Ltd.、3Dynamic Systems Ltd.、Poietisなど。

グローバル3Dバイオプリンティング市場のダイナミクス–

テクノロジーの進歩、ヘルスケア業界へのITの組み込み、老人人口ベースの増加、研究開発活動の改善、臓器や組織の需要と供給の増加、ヘルスケアインフラストラクチャの改善がグローバル3Dバイオプリンティング市場の成長。 3Dバイオプリンティングは、新しい治療法や診断法へと急速に進化しています。ただし、高コストと政府による償還施設の欠如は、世界の医療用ロボット市場の主な制約です。たとえば、生体物質を使用した生細胞のバイオプリンティングは300,000米ドルに達する可能性があります。それにもかかわらず、未開拓の市場と低コストのバイオプリンターの入手可能性は、予測期間に新しい機会を生み出す可能性があります。

世界の3Dバイオプリンティング市場の地域分析–

高度なヘルスケアサービスの採用の増加、臓器および組織移植の需要の増加、バイオエンジニアリング製品の範囲の拡大により、北米が最も高い市場シェアで市場を支配しています。 Organ Procurement and Transplantation Network(OPTN)によると、2016年には33,600を超える移植が米国で行われ、ヨーロッパは3Dバイオプリンティングの世界第2位の市場であり、研究開発活動の進歩と新しい主要プレーヤーの設立によって推進されています。 。ドイツは、3D印刷への投資に関して最も関与しているヨーロッパの国であり、科学と産業の間にリンクを作成することによる高度なマーケティング戦略を備えています。アジア太平洋地域の3Dバイオプリンティング市場は、主にヘルスケアへの支出の増加、研究開発活動の進歩により、力強い成長率を示しています。日本、韓国、台湾を拠点とする企業は、政府による業界の支援を受けて、医療用途への3Dプリント技術の適用を進めています。

レポートの方法論を取得@https://industrystatsreport.com/Request/SampleMethodology ?ResearchPostId = 276&RequestType = 

グローバル3Dバイオプリンティング市場レポートの主な利点–

グローバル3Dバイオプリンティング市場レポートは、詳細な履歴分析と予測分析をカバーしています。

グローバル3Dバイオプリンティング市場調査レポートは、市場の紹介、市場の概要、グローバル市場の収益(収益USD)、市場の推進力、市場の制約、市場機会、競争力のある分析、地域および国レベルに関する詳細情報を提供します。

グローバル3Dバイオプリンティング市場レポートは、市場での機会を特定するのに役立ちます。

グローバル3Dバイオプリンティング市場レポートは、新たなトレンドと競争力のある風景の広範な分析をカバーしています。

3Dバイオプリンティング市場のセグメンテーション 

テクノロジーによる 

インクジェットベースの

押し出しベースの

レーザーベースの

光重合

電子ベースの

その他

材料による 

生細胞細胞

外マトリックス

ヒドロゲル

その他の

用途

臨床応用:

組織および臓器移植

医療試験

その他

研究用途

組織モデル

薬物発見

食品および動物製品

他の人は

完全なレポートを取得します:@ https://industrystatsreport.com/Lifesciences-and-Healthcare/3D-Bioprinting-Market/Summary 

 

コメントを残す