次の10年で上向きの方向転換をする遺伝子検査市場

分子診断市場は、同じ分野への投資に対する意識の高まりにより、かなりの速度で成長しています。遺伝子検査とは、RNA、染色体、DNAなどの関連製品のいずれかの形態のヒトDNAを分析するプロセスを指します。

遺伝子検査は、遺伝子型、表現型、または突然変異に関連する疾患の検出に広く使用されています。また、臨床目的で核型を検出するために遺伝子検査が行われます。約8〜10週間の妊娠初期の遺伝子異常の検出など、この手順によって提供されるさまざまな利点により、遺伝子検査の人気が高まっています。

こちらからサンプルをリクエスト@https://www.persistencemarketresearch.com/samples/3175

さらに、胎児の性別を判断するのにも役立ちます。遺伝子検査市場は、この分野での認識と発見の増加により、かなりの速度で成長しています。遺伝子検査のために行われるすべての検査の中で、嚢胞性線維症膜貫通コンダクタンスレギュレーター(CFTR)遺伝子による遺伝子変異のスクリーニングが最も広く行われています。

北米は、遺伝性疾患による疾患の有病率の増加とこの地域での高度な技術的進歩により、遺伝子検査の世界市場を支配しています。ヨーロッパ、続いてアジアは、遺伝子検査市場で今後数年間で高い成長率を示すと予想されます。

中国とインドは、アジア地域で最も急速に成長している遺伝子検査市場になると予想されています。新興国の遺伝子検査市場の主要な推進力のいくつかは、研究開発投資の増加、患者の大規模なプール、および政府の資金調達の増加です。

ここで目次を要求する@https://www.persistencemarketresearch.com/toc/3175

遺伝子検査技術の進歩、遺伝病の有病率の増加、意識の高まりなどのさまざまな要因が、世界の遺伝子検査市場を牽引しています。さらに、政府のイニシアチブとこの分野での研究開発活動の増加により、遺伝子検査市場が牽引されています。ただし、高コスト、経験豊富な専門家の不足、一部の地域での厳しい規制により、世界の遺伝子検査市場が抑制されています。

遺伝子検査のためのいくつかの新しい技術の革新、効率と精度の向上は、世界の遺伝子検査市場に良い機会を提供することが期待されています。さらに、新興市場は、これらの地域での患者プールの増加と意識の高まりにより、遺伝子検査市場の成長に大きな可能性を秘めています。

遺伝子検査市場で観察されている主な傾向のいくつかは、臨床科学からバイオインフォマティクスへの焦点のシフトとこれらの技術の人気の高まりであり、遺伝子検査技術の高い採用率につながっています。遺伝子検査市場を扱っている主要企業には、アボットラボラトリーズ、バイオラッドラボラトリーズ、アボットモレキュラーインク、オートジェノミクスインク、セレラグループ、パーキンエルマーインク、クエストダイアグノスティックスインク、ELITechグループ、ロシュダイアグノスティックスコーポレーション、アプライドバイオシステムズインクがあります。 、Roche Molecular Diagnostics Inc.、TransgenomicInc。など。

独占アナリストサポートのために今すぐ事前予約@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/3175

私たちに関しては:

Persistence Market Researchは、顧客体験の向上に関するワンストップソリューションを企業に提供するためにここにあります。パーソナライズされた顧客とのやり取りを経て、「顧客関係」と「ビジネス成果」の間の「欠落した」リンクとして機能することにより、顧客のエクスペリエンスに付加価値を与えるために適切なフィードバックを収集します。可能な限り最高のリターンが保証されています。

お問い合わせ:

永続性の市場調査
住所– 305 Broadway、7th Floor、New York City、NY 10007 United States
米国博士– + 1-646-568-7751
米国-カナダフリーダイヤル– +1 800-961-0353
セールス– sales@persistencemarketresearch.com
ウェブサイト– https://www.persistencemarketresearch.com

コメントを残す