建設化学品の市場規模、収益、傾向、競争力のある風景の研究と分析、2026年までの予測

インドの建設用化学品市場は、主に国の産業ブームにより、注目に値する拡大を遂げています。建設化学品と建設市場を後押ししているインドのインフラセクターに巨額の投資が行われています。現在、国内では重要な建設イニシアチブが進んでいます。建設用化学物質の利用は政府の規制によって命じられているため、インド政府の建設活動は国内の建設用化学物質市場の拡大を後押ししています。

インドの建設用化学薬品の市場は、2025年末に向けてXX百万米ドル以上の評価を占めると予測されており、計算された期間全体でXXの強力な2桁のCAGRで登録されています。

より洞察に満ちた情報| サンプルコピーをリクエストする@ https://www.trendsmarketresearch.com/report/sample/3529

市場セグメンテーション

製品タイプに基づいて、世界市場は防水化学物質(PVC、ビチューメン、TPO、EPDM、シリコーン、PTFEを含む)、保護コーティング(アクリル、ポリウレタン、エポキシ、ポリエステル、アルキドなどを含む)、コンクリート混和剤(リターダー、可塑剤、促進剤、エアエントレーナー)、アスファルト添加剤、接着剤、シーラントが含まれます。この特定の製品は2025年末に向けてXX百万米ドル以上の時価総額を獲得する可能性が高いため、コンクリート混和剤カテゴリーはプラスの拡大軌道を獲得すると予想されます。一方、成長率に基づくと、水防水化学品セグメントは市場を支配し、計算された期間全体を通して高いXXCAGRを記録すると予測されています。

アプリケーションの観点から、世界市場は住宅、商業&産業およびインフラストラクチャに分類されます。これらのカテゴリーのうち、インフラストラクチャは、2025年末に向けてXX百万米ドルを超える時価総額を獲得することに加えて、今後数年間は支配的であり続けると予想されます。予測期間中にXXCAGRを記録する可能性が高い、産業および商業カテゴリでの建設の拡大を開始した「MakeinIndia」などのさまざまなイニシアチブ。

市場を購入またはカスタマイズするためのチェックアウトのお問い合わせ@ https://www.trendsmarketresearch.com/checkout/3529/Single

地域的には、世界市場には南、北、西、東が含まれます。建設活動の増加は、主にマディヤプラデーシュ州、グジャラート州、マハラシュトラ州のインド西部地域で大部分が発生すると予想されています。マハラシュトラ州とグジャラート州はいくつかの産業の製造活動の中心地であるため、建設用化学薬品の必要性を促進するだけでなく、建設市場の拡大を後押ししています。

主要な市場プレーヤー

グローバル市場で活躍している著名な企業は次のとおりです。
•SIKAAG
•BASFSE
•RPMInternationalInc。
•ダウケミカルカンパニー
•アクゾノーベルNV
•WRGrace&Co.-Conn。
•MAPEI
•ChembondChemicalsLtd。
•PidiliteIndustriesLtd。
•フォスロック
•Flowcrete
•CICOTechnologies Limited
•MC-Bauchemie
•その他

アナリストに相談する/市場の割引を依頼し、このレポートに関連する詳細情報を入手してください@ https://www.trendsmarketresearch.com/report/discount/3529

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。