世界の吸収性および非吸収性縫合糸市場に関するトレンドレポート2021-2027ビジネスの見通し、重要な洞察および成長戦略|

世界の吸収性および非吸収性縫合糸市場

吸収性および非吸収性縫合糸は、創傷閉鎖に使用される滅菌された外科的脅威である吸収性および非吸収性ステッチとも呼ばれます。これらは主に、手術によって生じた切開を閉じるために使用されます。吸収性縫合糸は、創傷が通常の応力に耐えるのに十分に治癒し、非吸収性縫合糸が吸収されなくなるまで、一時的な創傷支持を提供します。

不健康なライフスタイルと人口の高齢化による手術の数の増加は、世界の吸収性および非吸収性縫合糸市場の成長を後押しすると予想される推進要因と考えられています。さらに、技術の進歩による手術の安全性と有効性の向上は、市場の成長にプラスの影響を及ぼします。さらに、製品開発や流通活動のために主要なプレーヤーによって行われるパートナーシップ、買収などのイニシアチブの増加は、この予測期間中に市場の成長を推進します。

このレポートのサンプルコピーを入手@ https://qualiketresearch.com/request-sample/Absorbable-and-Non-Absorbable-Sutures-Market/request-sample

ただし、外科用ステープラーのような代替品の入手可能性は、世界的な吸収性および非吸収性を妨げると予想される主要な挑戦的要因です。吸収性縫合糸市場の成長。さらに、出血、食道の漏出、結腸吻合などの合併症は、市場の成長に影響を与えるいくつかの要因です。

市場の細分化

グローバルな吸収性および非吸収性縫合糸市場は、吸収性縫合糸、非吸収性縫合糸などのタイプに分割されます。さらに、市場は心臓血管、整形外科、婦人科、眼科、一般外科、その他などのアプリケーションに分割されます。

また、世界の吸収性および非吸収性縫合糸市場は、北アメリカ、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東およびアフリカなどの5つの地域に分割されます。

市場の主要なプレーヤー

このレポートでは、B。BraunMelsungen AG、Tepha、Smith&Nephew、Ethicon、Meta Biomed、Demetech Corporation、Zimmer Biomet、Boston Scientific Corporation、Unimed MedicalIndustriesのなどのさまざまな主要プレーヤーについて説明します。

市場分類

タイプ別吸収性縫合糸のアプリケーション別の非吸収性縫合糸心臓血管整形外科婦人科眼科一般外科その他

地域別

  • 北米
  • ラテンアメリカ
  • ヨーロッパアジア
  • 太平洋中東
  • およびアフリカ

このレポートの割引を受ける@ https://qualiketresearch.com/request-sample/Absorbable-and-Non-Absorbable-Sutures-Market/ask-for-discount

会社概要

QualiKetResearchは、世界中のリーダーが堅牢な開発を行うのを支援する、市場調査および競争力のある主要なパートナーです。絶えず変化する市場シナリオ、競争、顧客に関する実用的な洞察を提供することにより、戦略を立て、進化を先取りします。 QualiKet Researchは、タイムリーでスケーラブルなインテリジェンスを提供することにより、より迅速な意思決定の能力を強化することに専念しています。 私たちはさまざまなインテリジェンスツールを使用して、クライアントが競合他社をしのぐのに役立つ脅威と機会を示す証拠を考え出します。

担当者:

Vishal Thakur

Research Support Specialist

QualiKet Research

6060 N Central Expy#500、TX 75204、USA

sales@qualiketresearch.com//qualiketresearch.com

Webサイト:: https

コメントを残す