外部排水および監視システム市場を強化するための技術面でのRejig

脳は、透明で無色の液体である脳脊髄液(CSF)に囲まれています。脳脊髄液の本質的な機能は、脳を保護し、ショックを吸収して中枢神経系を保護することです。それに加えて、脳脊髄液は必須栄養素や化学物質も循環させます。頭蓋内圧を測定するために脳脊髄液サンプルが採取されることもあります。脳脊髄液サンプルのこの圧力は、髄膜炎などの神経疾患の診断に役立ちます。

外部ドレナージおよびモニタリングシステムは、脳脊髄液サンプルの収集に使用され、シャントに感染した患者の頭蓋内圧および脳脊髄液の一時的なドレナージをモニタリングします。

脳脊髄液は、脳の側脳室または脊椎の腰椎腔から外部収集バッグに収集されます。外部脳室ドレナージ(EVD)システムは、脳間圧と重力の組み合わせを使用してCSFサンプルを排出するために使用されます。サンプルのドレナージ率は、患者の解剖学的構造に対して配置された外部心室ドレナージシステムの高さに完全に依存します。外部排水および監視システムは、プロセス中の継続的な評価と介入を必要とします。

このレポートのサンプルコピーを入手@https://www.persistencemarketresearch.com/samples/12400

外部の排水および監視システム市場は、外傷や脳卒中の有病率の増加によって推進されると考えられています。子供の脳外科手術の症例数の増加も、この市場の成長を後押ししています。さらに、圧力監視の分野における技術の進歩は、外部排水および監視システム市場の成長に影響を与えています。

医療費の増加、および高齢者人口の増加は、外部排水および監視システム市場の需要を推進します。ただし、これは外部排水および監視システム市場の成長を抑制する非常に重要な手順です。また、人々の意識の欠如と外部心室デバイス(EVD)の価格の上昇も、外部排水および監視システム市場の成長を制限する可能性があります。

マーケットプレーヤーの全リストについては、こちらの目次をリクエストしてください@ https://www.persistencemarketresearch.com/toc/12400

地域分析

地域の存在に基づいて、世界の外部排水および監視システム市場は5つの主要な地域に分割されます。北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、および中東とアフリカ。北米は、神経障害や外傷の蔓延が増加しているため、外部排水および監視システムの最大の市場です。その後、この市場にヨーロッパとアジア太平洋が続きます。

ヘルスケアインフラストラクチャの台頭と有利な償還シナリオは、ヨーロッパの外部排水および監視システム市場の成長に責任があります。アジア太平洋地域は、新しい投資家の注目により、外部排水および監視システムの急成長市場です。インドと中国は、アジア太平洋地域で外部排水および監視システム市場が成長する絶好の機会を提供することが期待されています。

独占アナリストサポートのために今すぐ事前予約@https://www.persistencemarketresearch.com/checkout/12400

私たちに関しては:

Persistence Market Researchは、顧客体験の向上に関するワンストップソリューションを企業に提供するためにここにあります。 「顧客との関係」と「ビジネスの成果」の間の「欠落した」リンクとして機能することにより、顧客のエクスペリエンスに価値を付加するためのパーソナライズされた顧客とのやり取りを経て、適切なフィードバックを収集します。可能な限り最高のリターンが保証されています。

お問い合わせ:

永続性の市場調査
住所– 305 Broadway、7th Floor、New York City、NY 10007 United States
米国博士– + 1-646-568-7751
米国-カナダフリーダイヤル– +1 800-961-0353
セールス– sales@persistencemarketresearch.com
ウェブサイト– https://www.persistencemarketresearch.com

コメントを残す