航空機用タイヤ市場の動向、サイズ、競争力のある分析と予測2020-2026

世界の航空機用タイヤ市場は、予測期間中に適度なCAGRで成長すると予測されています。 市場の成長を牽引する主な側面には、商業部門および軍事部門における新世代航空機の調達が含まれます。 空の旅の大幅な上昇があったし、航空会社は、空気を介して到達可能性を高めるために新しい目的地や旅行ルートで動作するように計画しています。 可処分所得の増加と事業活動の増加も増加しており、航空機の需要が増加し、予測期間にわたって市場の成長の余地が生まれています。 その上、空気タイヤの取り替えの頻繁な条件は更に航空機のタイヤの市場の成長を支えるために本当らしいです。 しかし、COVID-19のパンデミックのために、航空業界には非常に急な没落が登録されており、そのペースを取り戻すには数年かかるでしょう。

航空機用タイヤ市場に関する報告書のサンプルを要求するには:https://www.omrglobal.com/request-sample/aircraft-tires-market

世界の航空機用タイヤ市場は、構造、種類、航空機の種類、および流通チャネルに基づいてセグメント化されています。 構造に基づいて、市場は放射状およびバイアス層タイヤとして区分される。 タイプによって、市場は新しいタイヤおよび再生されたタイヤに分岐します。 航空機の種類に基づいて、市場は民間航空機、軍用機などとしてセグメント化されています。 民間航空機セグメントは、さらに広胴航空機、狭胴航空機、および地域輸送航空機としてセグメント化されています。 一方、市場の他のサブセグメントには宇宙船が含まれています。 流通チャネルに基づいて、市場はアフターマーケットおよびOEMとして区分されます。

(このレポートを購入すると15%割引になります)

航空機用タイヤ市場の完全なレポートは、次の場所で入手できます。https://www.omrglobal.com/industry-reports/aircraft-tires-market

世界の航空機用タイヤ市場の細分化

建設別

*ラジアル

*バイアス

タイプ別

*新しいタイヤ

*再生されたタイヤ

航空機の種類別

*業務用航空機

*ワイドボディ機

-ナローボディ機

*地域輸送機

*軍用機

·その他(宇宙船)

流通チャネル別

*タイヤの製造業者/OEM

*販売代理店/アフターマーケット

地域分析

北アメリカ

*米国

*カナダ

ヨーロッパ

*イギリス

*ドイツ

*スペイン

*フランス

*イタリア

*ヨーロッパの残りの部分

アジア太平洋地域

*インド

*中国

·日本

·韓国

*APACの残りの部分

世界の残りの部分

会社概要

*エアフレームアラスカ合同会社

*航空タイヤ&トレッドLLC

*ブリヂストン(株)

·CieGnrl des EtblsmntsミシュランSCA

*コンチネンタルAG

·有限会社デッサーホールディングス

*ダンロップエアクラフトタイヤ株式会社

*グッドイヤー-タイヤ&ラバー社

*マトコ製作所

*ミタス(トレルボルグAB)

*株式会社MRF.

*ペトラスタイヤ株式会社

*青島Senturyタイヤ有限公司· (株)

*アメリカ株式会社の専門のタイヤ。

*ストミル-ポズナ? サ

私達から買う理由 –

1. 私たちは15以上の主要産業をカバーし、さらに90以上のセクターに分かれています。

2. 120以上の国が分析のためのものです。

3. 調査のために採掘された100以上の有料データソース。

4. 私たちの専門家の研究アナリストは、あなたのレポートを購入する前と後にすべてのご質問にお答えします。

オリオン市場調査について

オリオン市場調査(OMR)は、その鮮明で簡潔なレポートで知られている市場調査とコンサルティング会社です。 同社は、アナリストやコンサルタントの経験豊富なチームが装備されています。 OMRは質のsyndicated研究のレポート、カスタマイズされた研究のレポート、相談および他の研究基づかせていたサービスを提供する。

メディアへのお問い合わせ:

会社名:オリオンマーケットリサーチ

連絡窓口:氏Anurag Tiwari

電子メール:info@omrglobal.com

お問い合わせ番号:+91 7803040404

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。