最近の機会、成長規模、地域分析、2028年までの予測による列車交通制御システム市場の概要

世界の鉄道車両制御システム市場は、予測期間(2022-2028)中に4.3%の大幅なCAGRで成長すると予想されています。 世界の列車交通制御システム市場は、世界的な列車交通による事故事例の増加により成長しています。 この業界での効率的な輸送システムの需要の高まりは、列車交通制御システム市場の需要を高めています。 また、安全・安心な輸送サービスの発展も市場の成長を牽引しています。 さらに、鉄道の開発と進歩のための鉄道予算への資金配分の増加は、市場の成長機会を生み出しています。 新興国の鉄道インフラの改善と、鉄道を最も効率的で安全な輸送にするための政府の支援的取り組みは、世界の鉄道交通制御システム市場の成長を

市場参加者はまた、市場での競争力を維持するために、合併や買収、地理的拡大、パートナーシップ、コラボレーション、および新発売を含む様々な戦略の採用によ 例えば-

•2022年2月、ドイツ鉄道産業協会の鉄道技術責任者であるDan Woywodは、都市のモビリティと地域の運営の両方を最適化し、2035年までに鉄道網全体をデジタル化す
*2021年10月、シーメンスは、デジタル技術によって制御され、完全に自動化されたドイツ鉄道の協力を得て、鉄道交通で単独で運行する列車の開発を発表し
*2021年9月、インド鉄道は、燃料消費量、走行時間、カプラー力などの列車走行パラメータ(TRP)の一部を分析するのに役立つ、列車の走行状態を監視するための先進的な交通管理システムを導入しました。
*2019年10月、ドイツ鉄道は、ドイツでのデジタル化の進行を継続するために、列車交通管制を280デジタル信号ボックス(DSTW)に引き継ぐ計画を発表しました。

(このレポートを購入すると15%割引になります)
列車交通制御システム市場のサンプルコピーを入手する:https://orionmarketreports.com/request-sample/?id=106789&submit=Request+サンプル%0D%0A

市場の適用範囲
*のために利用可能な市場番号–2022-2028
※基準年-2021年
*予測期間-2022-2028
*カバーされる区分-
*タイプ別
*列車の種類によって
*対象地域-
*北アメリカ
*ヨーロッパ
*アジア太平洋地域
•世界の残りの部分

競争力のある風景-シーメンスAG、エマーソン電気Co. ロックウェル・オートメーション(Rockwell Automation,Inc.)、ハネウェル-インターナショナル株式会社、Abb、川崎重工業(株)、およびシュナイダーエレクトリック、とりわけ。

列車交通制御システム市場の完全なレポートは、次の場所で入手できます。https://orionmarketreports.com/train-traffic-control-system-market/106789/

セグメント別の世界の列車交通制御システム市場レポート
タイプ別
*理性的な信号を送る解決
*実時間列車の計画及びルートの予定/最大限に活用する解決
*中心にされた交通制御の解決
列車の種類別
*メトロ&高速列車
*電気多数の単位
*ディーゼル多数の単位

報告書によって対処された主な質問
*市場の成長率は何ですか?
•基準年度の市場を支配するセグメントと地域はどれですか?
*どのセグメントと地域は、市場で最速の成長を投影しますか?
•COVID-19は市場にどのような影響を与えましたか?
•COVID-19以前の予測からの逸脱
•最も影響を受けた地域および区分
*市場のリーダーは誰ですか?
*プレイヤーはどのように成長を維持するための課題に対処していますか?
*投資機会はどこにありますか?

私達について:

Orion Market Reports(OMR)は、世界中のクライアントに定性的および定量的な市場調査レポートの排他的なブレンドを提供するよう努めています。 私達の構成は詳細な市場の洞察力および最も信頼できる未来の市場の傾向を提供することによって彼らのビジネスを強化するために多国籍 当社のレポートは、世界の顧客に洞察と市場の見通しを提供する市場のすべての主要な側面に対処します。

メディアへのお問い合わせ:

会社名:オリオン市場レポート
連絡窓口:氏Anurag Tiwari
電子メール:info@orionmarketreports.com
お問い合わせ番号:+91 780-304-0404