2030年までの成長を促進すると世界的に期待される配電用変圧器市場

Market Research Futureは、新しいコロナウイルスのパンデミックが世界の 配電用変圧器市場 2022に与える影響のバージョンを取り入れています。これは、予測期間中に提案された市場変動の明確な評価を提供します。さまざまな要因が、同じ予測期間でCAGRが約8.70%と高い、配電用変圧器市場の全体的なダイナミクスに影響を与える可能性があります。

進行中のコロナウイルス病の発生とそれに対する世界的な反応により、企業は戦略と基本的な運営方法を再考する必要があります。同じことが世界的な配電用変圧器業界にも広がっており、業界の専門家がこのパンデミックで企業が生き残り、持続するのを支援しています。

https://www.marketresearchfuture.com/sample_request/2581でレポートのサンプルコピーを入手して ください

影響を与える主な要因

第一に、配電用変圧器は、特定の地域、工業団地、および遠隔地に配置された建物や家に電力を割り当てるために使用されます。これらは一般に、市場性のある、四肢の、または破壊的な近くの、または工業用の、または住宅地に見られます。地域全体で人口が増加することで、電力を節約する必要性を後援することができ、これにより、今後数年間で配電用変圧器の市場拡大が促進される可能性があります。

これにより、普遍的な人口の持続可能な拡大についての知識の高まりは、エネルギー能力のあるソリューションの需要を後押しする可能性もあります。また、これらのツールは、エネルギー損失の主要な原因の1つであり、簡単に交換および定量化できることを示しています。したがって、これらの先駆的なシステムの実装により、電力損失を減らすことができます。

世界の配電用変圧器市場の成長を拡大する重要な推進力は、市場を活性化するスマートグリッドと変圧器業界の拡大です。2009年、欧州委員会は3番目のエネルギーパッケージを承認しました。これは、接続された27か国の住宅の80%が2020年までにスマートメーターを所有することを要求します。配電用変圧器市場では、デジタル革命から多くのイニシアチブがあります。スマートグリッドは電力市場の最新の成長であり、世界の配電用変圧器市場の成長に影響を与えました。

アナリストと話す:  https ://www.marketresearchfuture.com/ask_for_schedule_call/2581

競争力のある風景

配電用変圧器市場は、主要な市場プレーヤーからの投資によって支えられています。世界中の人口増加と配電用変圧器市場ベースのサービスと製品の需要の増加も市場の成長を支えています。ただし、配電用変圧器市場の成長は、高額な費用と維持費のために影響を受ける可能性があります。レポートは、配電用変圧器市場の企業が事業計画を強化し、製品ポートフォリオを改善するのに役立つすべてのそのような詳細をカバーしています。配電用変圧器の市場調査レポートは、主要企業の企業プロファイルも提供します。配電用変圧器市場レポートで運営されている多くの組織の会社概要は、会社の規模、収益の成長、配電用変圧器市場で行われている合併と買収の詳細。新規企業および確立された企業は、配電用変圧器の市場調査レポートで提供されるこのデータに基づいて戦略を計画できます。

業界ニュース

電力供給装置用の変圧器サービスおよび寿命延長ソリューションのサプライヤーであるRESAPower、LLCは、最近、Western UtilitiesTransformerOperationの買収を発表しました。カリフォルニア州バイセイリアに本社を置くWesternUtilitiesTransformer Serviceは、米国西部の変電所および商用変圧器の検査、設置、保守、巻き戻し、および石油精製施設を提供しています。

市場のセグメンテーション

世界の配電用変圧器市場は、タイプ、絶縁、およびエンドユーザーによってさらに細分化されています。

タイプセグメントに関しては、パッドマウントは配電に大きく使用されるため、予測期間でさらに成長することを提案しています。このセグメントの成長は、制御システムとそのプロセスの改善、工業化と都市化の急速な発展、および技術開発によって推進されています。

絶縁分野では、その特徴から油浸変圧器が広く普及しています。オイルは熱を取り除き、損失低減技術、断熱材の絶縁耐力、信頼性の高い断熱材、および温度制御システムを保証します。

割引についてのお問い合わせ:  https ://www.marketresearchfuture.com/check-discount/2581

地域の見通し

地域的には、ヨーロッパは2023年までに約15億米ドルに達すると予想されており、特に油で満たされた配電用変圧器ではそうです。再生可能エネルギーは、特にヨーロッパで電力セクターを後押ししています。炭素排出量が徐々に増加するにつれて、エネルギー効率の基準は地域全体で厳しくなっています。その結果、再生可能エネルギーの統合に向けた建設的な側面は規制当局によって支持され、したがって、油浸変圧器の需要を動機付ける維持可能なエネルギーミックスを確立します。

アジア太平洋地域は、配電用変圧器市場で最も重要な市場シェアを保持していました。中国は、高水準のインフラストラクチャの拡張と工業化により、過去数十年で電気エネルギーの需要の巨大な発展を観察してきました。アジア太平洋地域も、産業支出を発展させている電力の増大、T&D通信、老朽化し​​た配電用変圧器の改修需要などの要因により、市場を支配すると予測されています。したがって、電力研究所の精査に基づくと、インドの電力需要または需要は、今後数年間で2倍になる可能性があります。