使い捨て紙コップ市場の収益、業界の需要の高まり、トップ企業、2028年までの地域の見通し

世界の使い捨て紙コップ市場は、予測期間(2022-2028)中に5.0%のCAGRで成長すると予想されています。 使い捨てカップは、食器や使い捨ての食品包装の一種です。 使い捨て可能なコップはペーパーからなされ、頻繁に液体が漏出するか、またはペーパーを通って浸ることを防ぐためにプラスチックかワックスが並ぶか、ま それはリサイクルされたペーパーから成っているかもしれ、地球を渡って広く利用されています。 自然の中で生分解性であることから離れて、紙コップは、形状やサイズの広い範囲のために巨大な人気を得ているし、また紙コップを製造する企業は、

(このレポートを購入すると15%割引になります)

世界の使い捨て紙コップ市場の完全なレポートは次の場所で入手できます。https://orionmarketreports.com/disposable-paper-cup-market/107115/

使い捨て紙コップが消費のためにより安全であるので他のタイプのコップ上の使い捨て可能なコップの増加する使用は、それからあり、市場の成長 さらに、プラスチック製のカップによる環境被害と自然への悪影響は、人々が環境に優しく、リサイクルすることもできる使い捨ての紙コップを利用す 人々は環境への影響をより認識しており、政府はまた、非生分解性製品を使用しないことをより認識させる上で大きな役割を果たしています。 これらは、市場の成長を加速するいくつかの要因です。 但し、使い捨て可能な紙コップのある製造業者はコップにより白い一見を示すのに相当な量の蛍光白くなる代理店を使用する。 従ってこれらのwhiting代理店は細胞を突然変異させることができ、人体の有害な影響を持っていて、全体的な使い捨て可能な紙コップの市場の成長を抑制

市場のある主要なプレーヤーはHuhtamaki Oyj、Berry Global Group Inc.を含んでいます。 およびDart Container Corp. 市場参加者は、市場での競争力を維持するために、合併や買収、地理的拡大、パートナーシップ、新製品の発売、コラボレーションなどの様々な戦略の採用により、市場の成長に大きく貢献しています。 例えば、2020年12月に、BrandBaseは、産業処理を使用せずに12週間で生分解する世界初のプラスチックフリーの使い捨てコーヒーカップであるJungle Cupを作成しました。 ジャングルカップは、販売されたすべてのカップのために、お金が脅かさ熱帯雨林の1ヘクタールを保護するために、国際的な保全グループであるレインフォレスト-トラストに寄付されているという事実にちなんで命名されています。

市場の適用範囲

のために利用可能な市場番号–2021-2028
基準年-2021年
予測期間-2022-2028
カバーされる区分-
タイプ別
エンドユーザー別
流通チャネル別
対象地域-
北アメリカ
ヨーロッパ
アジア太平洋地域
世界の残りの部分
競争力のある風景-Huhtamaki、Dart Container Corp.、Berry Global Group Incなど。

報告書によって対処された主な質問

市場の成長率とは何ですか?
基準年度の市場はどのセグメントと地域が支配していますか?
どのセグメントと地域が市場で最速の成長を予測しますか?
COVID-19はどのように市場に影響を与えましたか?
COVID-19以前の予測からの逸脱
最も影響を受けた地域とセグメント
市場のリーダーは誰ですか?
プレーヤーは成長を維持するための課題にどのように対処していますか?
投資機会はどこにありますか?

セグメント別の世界の使い捨て紙コップ市場レポート

タイプ別

エアポケット絶縁
ポリコート紙
ワックスコート紙
その他

エンドユーザー別

住宅
商業

流通チャネル別

オンライン
オフライン

私達について:

Orion Market Reports(OMR)は、世界中のクライアントに定性的および定量的な市場調査レポートの排他的なブレンドを提供するよう努めています。 当社の組織は、詳細な市場洞察と最も信頼性の高い将来の市場動向を提供することにより、多国籍企業と国内企業の両方がビジネスを強化するのに役 当社のレポートは、世界の顧客に洞察と市場の見通しを提供する市場のすべての主要な側面に対処します。

メディアへのお問い合わせ:

会社名:オリオン市場レポート
連絡窓口:氏Anurag Tiwari
電子メール:info@orionmarketreports.com
お問い合わせ番号:+91 780-304-0404