イングランド銀行は年末に景気後退を予想 : NPR

イングランド銀行は木曜日、27 年ぶりの大幅な利上げを発表し、ウクライナでの戦争がインフレをさらに加速させ、英国経済を長引く不況に陥らせると予測した。

天然ガス価格の高騰により、10月の消費者物価インフレ率は6月の9.4%から13.3%に上昇する可能性が高い、と銀行は語った。これにより、英国は今年後半に景気後退に陥り、2022 年の第 4 四半期から 2023 年の第 4 四半期まで、四半期ごとに経済生産量が減少すると、銀行の予測が示しています。

これらの圧力により、銀行の金融政策委員会は主要な金利を0.5ポイント引き上げるよう説得され、12月以来の6回連続の上昇の主なものとなった. 現在の金利は 1.75% で、2008 年末の世界的な金融危機の深刻化以来の最高水準です。 アンドリュー・ベイリー知事は、消費者の借り入れコストが上昇するこの動きを擁護し、銀行には不釣り合いなほどの価格上昇を抑える義務があると述べました。社会の最貧層に影響を与える。ベイリー氏は記者会見で、「これが与える重大な影響と、英国の多くの人々にとって生活費の課題がいかに困難であり続けるかを認識している」と述べた. しかし、インフレが長引くのを阻止しなければ、後の結果はさらに悪化するだろう」と述べた。