否定的な比較は、米国のブロードバンドの状態を誤って伝えています

ヨーロッパ市場とは対照的に、米国のブロードバンドは何年もひどい評判に耐えてきました。月曜日に発表された DC テックのシンクタンクの論文によると、そのラップは疑わしいものであり、それが基づいている比較も同様です。

米国とヨーロッパのブロードバンド価格の比較は数多くありますが、それぞれの市場は根本的に異なるコスト構造に基づいているため、必要な支出の変動を考慮に入れなければ、そのような比較は意味がありません。 & イノベーション財団レポート (ITIF)。

ITIF によると、米国のブロードバンド プロバイダーのコストがヨーロッパのプロバイダーよりも 53% 高い主な理由は、人件費、税金、広告費、およびスペクトル ライセンスの支払いです。

さらに、アメリカのサービス プロバイダーは、ヨーロッパのサービス プロバイダーよりも設備投資に多くを費やしていると述べています。これは、全体的にも世帯ごとにも当てはまります。

分析では、ヨーロッパのプロバイダーの平均収益がアメリカのプロバイダーの平均収益よりも高いため、アメリカのプロバイダーの別の主張 (利益を上げるために不正に料金を引き上げているという主張) も支持されないと主張しました。

技術専門家の Jeff Kagan 氏によると、「米国の通信市場はヨーロッパとは大きく異なります。」したがって、それらを比較しても意味がありません。フライドチキンをピザに例えるようなものです。

彼は TechNewsWorld に次のように語った。「政府が関与している場合、品質は低下します。」

この記事によると、アメリカのブロードバンドのポピュリスト
は、大多数の人々が巨大な営利目的の電気通信会社やケーブル会社を介してブロードバンドにアクセスするために使用している国のブロードバンド システムに欠陥があると主張しています。

しかし、大多数にとって、彼らの敵意は実際的なものを超えて知識人にまで及んでいると言い続けました. 彼らは、ブロードバンドの成功には、民間部門ではなく政府の強力な役割が不可欠であると考えています。

彼らは、米国のシステムは他の国や地域、特にEUが現職者に厳しいネットワーク分離義務を課しているヨーロッパよりもうまく機能していないと主張している.

However, as this paper demonstrates, comparing EU and US broadband is challenging. The most significant of these challenges is that any such comparison necessarily includes comparing “apples to oranges.”

The research proclaimed that it is time to put an end to the fruitless EU-US broadband comparisons and to dispel the false notion that the two structures are equivalent.

Bruce Leichtman, president of the Leichtman Research Group in Durham, New Hampshire, which focuses on research and analysis on the adoption of products and services in the broadband, media, and entertainment industries, insisted that consumers weren’t comparing themselves to Europe.

He told TechNewsWorld, “They’re comparing themselves to what they got, and they’re generally content with it.

We Need More Literacy
Should the United States change its broadband policies to more closely resemble those of the EU?

The report’s co-author and research assistant for broadband policy at the ITIF, Jessica Dine, disagrees. She told TechNewsWorld, “Right now, the majority of our attention should be on making sure that every state engages wisely and fully in the existing programmes intended to stimulate deployment and adoption.

She said, “The money is already there. “Whether it will be used successfully is the real question,”

The $65 billion allotted to broadband through the Infrastructure Investment and Jobs Act, which Congress passed, should truly be enough to ultimately close the digital divide, according to Dine, even though some rural communities won’t be reached without subsidies.