米国の雇用の伸びは予測を上回り、失業率は 3.5% 低下しました。

あらすじ

労働省は金曜日、非農業部門の雇用者数が先月 528,000 増加したと発表した。更新されたデータによると、以前に報告された 372,000 に対して、6 月には 398,000 の新しい雇用が生み出されました。

米国の失業率は 7 月にパンデミック前の最低値である 3.5% まで低下し、経済が不況に陥っていないことを示す最も強力な証拠を提供しています。米国企業は、予想よりもはるかに多くの人を雇用しました。労働省は金曜日、非農業部門の雇用者数が先月 528,000 増加したと発表した。更新されたデータによると、以前に報告された 372,000 に対して、6 月には 398,000 の新しい雇用が生み出されました。その月の雇用者数の伸びは、19 か月連続でした。6 月の失業率は 3.6% でした。その月の給与上昇により、19か月連続でした。6月の失業率は3.6%でした。

国内総生産(GDP)は四半期連続で低下しているにもかかわらず、雇用データは概して健全な経済のつまずきを示しています。住宅や小売りなどの金利に敏感な業界では労働力の必要性は減少しているが、航空会社や飲食店はまだ空席を埋めるのに苦労している。多くはインフレ率に左右されるが、力強い雇用の伸びは、9 月の次回会合で 3 回目の 75 ベーシス ポイントの利上げを連邦準備制度理事会に発表する圧力を維持する可能性がある。アメリカの中央銀行は先週、基準金利を 0.75% 引き上げました。3月以来、その率は225ベーシスポイント上昇しています。上半期、GDP は 1.3% 縮小しました。これは、在庫の急激な変動と、世界的な供給ネットワークの詰まりに関連する貿易の不均衡が一因です。それでも、ペースは落ちています。