Glenmark Pharmaceuticals と SaNOtize は、革新的な COVID-19 点鼻スプレーに関する第 3 相臨床試験の結果を発表します。

Glenmark Pharmaceuticals Limited (Glenmark) と SaNOtize Research and Development Corp. は水曜日に、SaNOtize の一酸化窒素鼻スプレー (NONS) 研究の第 3 相臨床試験の結果が成功したことを発表しました。スプレー (NONS) 治療: 無作為化試験」が、査読済みの影響力の大きいジャーナルである The Lancet Regional Health Southeast Asia (TLRHSEA) に掲載されました。

この研究によると、NONS を投与された患者は、24 時間後にウイルス量が大幅に減少し、7 日間の治療期間中持続しました。ビジネスは、NONSによる治療後、ウイルス量が24時間後に93.7パーセント、48時間後に99パーセント減少したと述べました.

治療全体を通してのベースラインからの対数ウイルス RNA 負荷の平均変化は、プラセボよりも NONS の方が有意に優れていました。予防接種を受けた集団と受けていない集団の両方で、同等の結果が得られました。この調査は、オーミクロンサージとデルタサージの間に行われました。

企業によると、グレンマークはインドの 20 か所の臨床施設でワクチン接種を受けていて、ワクチン接種を受けていない、中等度の COVID-19 症状を持つ 306 人を調査したという。症候性 COVID-19 の患者をこの無作為化二重盲検第 3 相臨床研究に含めて、7 日間の NONS 療法と標準治療を、プラセボ点鼻薬と標準治療を比較しました。